淀川水系河川整備計画の策定に向けての取り組み

皆さまからよせられたご意見

ご意見   京都府京都市右京区 / 匿名

【右京区の住人です。】

○右京区の住人です。(代表者)市街地の中に生産緑地としての農地は残存していますが、小川がすっかりなくなりました。子供達の脳裏に郷愁が宿る最高の情操教育の場として親水箇所が作れる。                
○横断落差堰(80p高さ、80p)を、渡月橋から、三川合流点まで、約20カ所が作れる。河川の曲折部では必ず、ワンドが出来る、ヨシ原も出来る、
○そして20カ所の落差で水の浄化につながる。
○大洪水に備えて河川の真中の雑木伐採を急ぐこと(第一番に着手)小鳥の声は、河川両側に残す樹木で緑の鑑賞も兼ねて充分
○両側の河川敷部分にグラウンドと共に往復40qに及ぶ信号なしのマラソン練習場と西京極グラウンドの併用
○西京極グランドの臨時駐車場、観光バス、乗用車1000台は確保できる
※水は浄化、整った緑の環境、グランドスポーツ親交と共に子供と水辺の情操教育、河川敷の広い所は洪水時の遊水帯として成木緑間公園としてイベントが可能
○西岸の堤防間の調査徹底して河川横断の拡張を行う事
○流入する中小河川の定期的水質調査
※未だまだ上流域 下流域の提案もありますが桂川中流域のごく限られた部分しか書いていません
※維持管理や監督についても沢山の意見があります。

回答