淀川水系河川整備計画の策定に向けての取り組み

皆さまからよせられたご意見

ご意見   滋賀県守山市 / 山田 亘宏

1.野洲川では、堤防詳細点検が実施された結果、9.4kmの区間で浸透に対する安全性が不足する結果が公表されました。沿川住民にとっては、安全性が確保されないのは、大きな不安であり、早期の対策を強く望んでおり、早急に堤防補強工事を実施願いますよう強く要望致します。
2.野洲川の河口部に土砂が堆積しており、漁船や船舶の航行に影響していることから、早期の浚渫を漁業組合から要望されておりますことから早急に実施願いますよう強く要望致します。また、今後の対策として、河口部に土砂が堆積しないような対策工事を早急に実施願いますよう強く要望致します。
3.野洲川の新放水路においては、毎年維持管理を願っておりますが、暫定通水より30余年が経過しており、特に樹木が繁茂している状態であり、流水の阻害となって来ており、河川内の樹木を早急に撤去して頂けるよう強く要望致します。
【淀川水系河川整備計画原案と今後の河川整備に関する琵琶湖・淀川流域市町村長意見書(平成19年12月28日)より抜粋】

回答