淀川水系河川整備計画の策定に向けての取り組み

皆さまからよせられたご意見と回答

ご質問   京都府城陽市 / 開沼 淳一

私の質問に対する回答をいただきありがとうございます。しかし回答内容は理解不能と言わざるを得ません。回答では天ヶ瀬ダム再開発事業の目的の一つである宇治川洪水について、宇治川洪水時にダムからの必要放流量1,140m3/sをダムの最低水位E.L.+58.0mの時に確保するため必要という説明をされています。そうすれば宇治川洪水時には天ヶ瀬ダムはダムとしての機能を果たさないということになります。洪水時には水を貯めるというダムとしての本来の機能を果たさせれば放流能力アップのトンネルは必要がないのではありませんか。
 発電能力アップについて、関電の負担を求めることにはなっているようですが、発電最低水位を下げることでトンネルの径を大きくしなければならないという余計な費用負担までさせられていることまで、関電負担になっているようには思えません。費用負担の算出根拠を明確にしてください。
 以上よろしくお願いします。

回答