淀川Q&A
河川の利用について
点線
メリケントキンソウ (2013年06月17日(月)高槻市/主婦)

6月16日に淀川河川敷公園で子供とサッカーをしに行きました。公園一帯にトゲのある植物が生えており、後で調べてメリケントキンソウという植物であることがわかりました。

子供は手にトゲがささり足は傷だらけになりました。大変危険で遊ぶことはできません。

すべての雑草を刈り取る等、何とか駆除を考えていただけないでしょうか?

2013年06月18日(火)

ご意見ありがとうございます。
いつも淀川河川公園のご利用ありがとうございます。

メリケントキンソウは、淀川河川公園では、平成20年頃より確認をしており、背丈が低いため、草刈り機では除草が不可能なことから、除去は難しく、現在はほぼ全区域に分布をしており、対応に苦慮しております。

有効な除草剤があるとは聞いていますが、河川の特性(浄水場がある)や公園利用者の安全を考慮すると使用はできません。

メリケントキンソウに毒性はないと聞いておりますが、結実する5月から6月が実の刺が刺さり危険とされていますので、公園利用時は、ご注意をお願いします。

淀川河川公園においてもホームページ、各管理所で、注意表示を実施しています。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)