淀川Q&A
河川の利用について
点線
河川敷での野球について (2010年12月04日(土)大阪市/その他)

十三バイパスから淀川大橋北詰までの北側の河川敷といえばいいのでしょうか?

そのエリアで草野球チームや少年野球のチームが野球をしているのをよく見かけるのですが、
頻繁に舗装路に向かってボールが飛んできたり、舗装路上で練習をしたり
挙句の果てには舗装路上まで進出して試合をしている始末。

歩行者や自転車で移動している方々に向かってボールが飛んでいったり、
舗装路に転がったボールを追いかけてぶつかりそうな光景を何度も目撃しています。
私も先日ボールをぶつけられました。
大きな事故になる前に何か対策をとっていただけないでしょうか?

お忙しいとは存じておりますが、何卒よろしくおねがいします。

2010年12月15日(水)

ご意見ありがとうござます。

ご指摘のありましたグラウンドについては、誰でも自由に使用できる河川敷と大阪市が占用している広場があります。

誰もが自由に使用できる河川敷の利用については、当所としても特定の野球チームに使用を許可しているわけではなく、従来より各々の利用者同士が調整しながら利用されているのが実態です。

このため、野球をしている方々には河川敷の利用に際しては皆様でマナーを守っていただき、他の河川敷利用者の迷惑にならないように指導しているところです。

また、巡視等において、道を塞いでのキャッチボール等、迷惑な行為をみつけた際にも注意を行っています。

なお、利用者が設置したフェンス等の工作物については継続して撤去指導しており、一部撤去されたものもありますが、今後も引き続き指導してまいります。 

また、大阪市が占用している広場につきましては、大阪市に対して指導の徹底をお願いしております。

今後も、河川敷の安全な利用に向けて取り組んでまいりたいと思いますのでよろしくお願いします。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)