淀川Q&A
河川の利用について
点線
協議会の方法など (2010年10月17日(日)摂津市/主婦)

公園の協議会があったと聞きました
市民には全く知らされていません

最も近くに住んでいる住民を無視して、誰のための公園をつくるつもりなのですか
オリエントという会社がやっているそうですが、PTAで問題あると聞きました。

そして、グランドより自然観察のほうが子供の教育にいいと思います。
生物の国際会議などきっかけに、子供の育て方も考えていこうとしています。

そういう役に立つ公園づくりをお願いします。

2010年10月19日(火)

平素から淀川河川公園をご利用いただきありがとうございます。

淀川河川公園地域協議会におきましては、淀川河川公園の利用に関する様々な意見を聞き、各地区におけるゾーニング計画の実現や、具体的な整備や管理運営への反映について協議を行うことを目的とし、

(1)利用者・利用団体の代表者
(2)地域住民の代表者
(3)地域の自然環境等に関し専門的な知識を有する者
(4)地元自治体の職員

の委員によって行います。

会議の運営支援で(株)オリエンタルコンサルタンツが携わっておりますが、主催は淀川河川事務所です。

淀川河川公園では平成20年に公園の基本計画を改定し、今後の公園づくりでは淀川の自然環境と利用との調和を図るとともに、自然環境の中で水に親しみ、憩う場をつくる事を基本方針としております。

会議の詳細につきましてはホームページで公表しております。
会議開催に際し周知が足りないとのご指摘に関しましては、チラシやホームページ等で広報を行ってきたところでありますが、今後も更に努力していく所存です。

淀川河川公園では、誰もが安全で快適に利用できるよう努めてまいりますので、今後ともご協力・ご支援をよろしくお願いします。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)