淀川Q&A
河川の利用について
点線
河川敷の不法占拠 (2010年02月25日(木)城陽市/会社員)

先日、暖かいので久しぶりに木津川のワンドへ行って来ましたが…。

えらいことになってました。
以前から、河川敷への不法占拠の畑には気になっていたんですが…。
ワンド周りの雑木林までもが伐採され燃やされていました。
国土交通省のワンドの水温調査の張り紙がしてあった木までもが伐採されています。

また、畑に使用したかと思われる化学肥料等のゴミがワンドへ投げ込まれていました…。

もちろんワンドは酷いものでした…。
以前は、ドブ貝やイシ貝が大小たくさんいたんですが…激減していました。
二枚貝なんて持ち帰っても飼育困難なのに持ち帰る人もいるので畑だけが減少の原因ではないかと思うのですが…。

何とかならないでしょうか?

写真は、ワンドの際まで畑が作られており伐採された樹木や雑草の燃やした後の灰がワンドへ捨てられてるものです。

ちなみに畑は木津川の本流まで数メートルてとこまで来ています。

photo

2010年03月19日(金)

ご意見有り難うございます。

ご指摘のありました木津川のワンドについて、河川パトロールにてその状況を確認しました。
ご意見にありますようにワンドの周辺の樹木が伐採され、焼却が行われており、刈り取った葦や肥料袋がワンドのなかに捨てられていました。

木津川のワンドやたまりについては、砂州等の自然環境が作り出した砂河川の特徴ある地形を残した環境であり、水辺に棲む生物の生息・生育・繁殖に重要な水陸移行帯として良好な水辺環境の保全・再生を図っていく必要があります。

一方、木津川における不法耕作に対しては、現地パトロールでの指導や立て看板等の設置により、耕作者自身での自主撤去を強く指導しております。
当該箇所周辺の不法耕作の是正についても、今後重点的に取り組んでまいります。

なお、パトロールによって当地区で樹木の伐採等を行った不法耕作者をつきとめましたので、その場できびしく注意しております。

不法耕作は河川の環境面でも少なからず悪い影響を与えていますが、河川法に違反する行為でもあることから、今後とも河川の管理面からも是正していく所存です。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)