淀川Q&A
河川の利用について
点線
川岸の畑作など (2010年01月03日(日)守口市/無職)

淀川河川公園八雲野草地区の川岸で最近、特に目立つのが、付近の住民らによると思われる畑作と農作業用の小屋や板囲いです。

以前からホームレスの人たちのテントや仮設小屋もいくつかありましたが、昨年あたりからそれぞれの数が一層増えてきたようで誠に見苦しい限りです。

散歩をしていますと河川環境管理財団のパトロール車によく出合いますが、ただ通り過ぎるだけ。
農作業のため川岸の中州に出入りする人たちがいても注意をする様子がありません。

これでは「やりたい放題」ではないでしょうか。

このまま放置しておくと、収拾つかなくなりそうです。何とか実効ある対策をお願いします。

2010年01月07日(木)

ご意見ありがとうございます。

淀川河川事務所管内の河川敷には占用許可を受けていない違法な耕作や工作物が多数存在しています。
これらの不法占用物件に対し淀川河川事務所では計画的な是正に努めています。

不法耕作については、現地に禁止看板を設置し、河川巡視にて耕作者に対する是正指導を行い、最終的には原状に回復するための整地作業等を行っています。
今年度も既に八雲北地区他において約2万uの不法耕作を是正しております。

なお、八雲野草地区の河岸では昨年11月に不審火による火災が発生したため、今月中旬より火災跡地の整備と併せて周辺の不法耕作を是正するための整地作業に入る予定です。

また、ご指摘のありました河川環境管理財団のパトロール車は公園区域のパトロールを行っているもので、公園区域外である河岸等については淀川河川事務所のオレンジ色の河川パトロール車が巡視を行っています。

皆様にとって河川敷がより利用しやすい場所とするため、今後とも不法占用物件の是正に努めてまいります。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)