淀川Q&A
河川の利用について
点線
CRを跨いでのテニスの壁打ちについて (2009年08月16日(日)枚方市/会社員)

枚方土木(事)太間排水機場と淀川河川公園の間にある壁(添付画像赤○参照)で日常的にテニスの壁打ちをしている人達が大勢います。

自転車でその間のCRを走り抜ける時、ベルを鳴らして注意を促しても、何度かテニスボールを当てられた事がありました。

大きな事故に繋がる前に何らかの対策をお願いします。

photo

2009年09月14日(月)

ご意見有り難うございます。

ご指摘がありましたグラウンドについてですが、淀・桂グラウンドとして昭和57年から京都市が河川法に基づく占ご意見有り難うございます。

ご指摘のテニスの壁打ちが行われている太間排水機場と淀川河川公園の間にある壁は、排水機場の吐出管に設置されている逆流を防ぐためのゲートが入った施設(堰柱)で、淀川河川事務所が管理しております。

この堰柱に隣接して大阪府の自転車歩行者専用道が占用許可を受けて設置されているため、これを跨いでテニスの壁打ちをしている方がおられます。  

当該堰柱によるテニスの壁打ちは、自転車歩行者専用道利用者の通行に支障を与えていることもあるので、道路管理者の大阪府と相談のうえ今後は注意看板を設置し、注意を促してまいります。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)