淀川Q&A
河川の利用について
点線
公務員は法律が基本 (2012年10月31日(水)相楽郡/会社員)

京田辺市と精華町の境界付近の河川敷に広大な不法耕作地がある。耕作禁止看板あるにもかかわらず、ここ3年前から開墾され現在、学校のグランド2面程度の面積となった。環境破壊に付近住民も嘆いている。

河川事務所は耕作禁止を周知してきたにも拘わらず、無法状態が続いている。
立て看板、杭、車止(施錠せず)、施錠して職員は不法耕作者と交渉したのか、全く状況は改善されていない。
税金使ってるのに、近隣住民も飽きれている。
日本は法治国家です、法律を適要して早急に進めていただきたい。ゴネ得許してはいけない。

昨年、同所堤防の補強工事が行われ、一部分が未工事となっていると思われる。
これも、不法耕作地との関係ですか。
近年の異常気象で付近住民は堤防の未工事部分に不安を感じている。

2012年11月06日(火)

ご意見有り難うございます。

精華町菱田地先における不法耕作の是正については、淀川河川事務所としても重点課題と位置付け、継続的な是正指導に取り組んでおります。

現地に耕作禁止の立て看板を設置し、定期的なパトロールによる不法耕作者に対する口頭指導、河川法に基づく是正指示文書の交付等の是正指導を行い、是正された畑については再耕作を防止するため木柵による囲いこみを実施してまいりました。

その結果、現時点では不法耕作はピーク時の半分程度の面積まで減少していますが、依然として不法耕作が広大な面積で行われているのも事実ですので、これからも不法耕作解消に向けた取り組みを鋭意行ってまいります。 

車止めは不法耕作及び不法投棄防止のために設置したものですが、不法耕作者が農小屋等を撤去し、農機具や資材等を搬出する機会をあたえるため現在は開放していますが、11月30日をもって完全閉鎖をします。

なお、堤防強化工事の未施工箇所については、不法耕作等を是正し、工事に入れるような状況になれば工事が出来るよう予算を確保してまいりたいと考えております。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)