淀川Q&A
河川の利用について
点線
堤防の雑草 (2011年08月15日(月)守口市/主婦)

堤防のそばのマンションに住んでいます。

今年からイネ科の花粉症が始まりました。
ベランダに出ると堤防の草がボーボーに茂っているのが見えます。

近くの小学校裏から堤防へ昇る階段・スロープは生い茂った草で歩けません。
隣り合ったスーパー堤防のエリアはまめに手入れに来られます。

この暑さですから大変申し訳ないですが
早急に刈りに来てきちんと面倒みてください。

そして、刈った草をここで焼かずに毛馬事務所のように持ち帰ってください。
煙たくて洗濯物が干せません。

確か、数年前に芝生に植え替えましたよね。
たくさんの時間と労力とお金をかけたでしょうにその姿をもう見ることはできませんか。

2011年08月17日(水)

平成23年8月15日付けで寄せられたご意見についてお答えします。

堤防は洪水や高潮等の水害から市街地への被害を防ぐ施設であり、堤防の状況(崩れ、亀 裂等)を確認するために除草を行っております。

除草時期及び除草回数は、梅雨期前の5〜6月頃、台風期の10月〜11月頃の2回実施して堤防点検を行っています。草が伸びている期間は、ご迷惑をおかけすることになりますが、何とぞご理解を頂きますようお願い致します。

 

なお、堤防の除草に関するご意見、ご要望につきましては、上部機関へ伝えております。

ただし、堤防へ昇る階段やスロープにつきましては、利用者への安全管理上、両側1mの 除草を近日中に順次作業に入っていく予定で進めております。

また、ご指摘のスーパー堤防とは淀川河川公園守口河畔地区のことだと思われます。
この地区については、「公園」であるため除草を頻繁に行っております。
なお、除草後の草につきましては、今年度より全て持ち出ししており、現地での焼却は行っておりません。

ご不明な点などがありましたら、淀川河川事務所までご連絡ください。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)