淀川Q&A
河川の利用について
点線
枯草の焼くこと (2010年12月16日(木)枚方市/その他)

本日16日夕刻堤防を歩いていて、枯草を焼いているのを見ましたが、帰宅後も焼いており、1時間以上をかけているようです。

うちだけではなく周辺は煙で困っています。
これは行わなければならない作業だろうか。

煙を吸い込んで喉を傷めることもあるのだから、お知らせも行うべきだし、焼くことをやめればいいわけだが、今後の対処・変更をお願いする。

2010年12月27日(月)

堤防の除草は、洪水や高潮の時に水害を防ぐ施設である堤防の状況(崩れ、亀裂等)を確認するため、梅雨や台風による洪水が起きる時期を考慮し実施しています。

堤防に生えている草を刈った後の焼却は、堤防の点検、維持管理のため実施しております。

焼却作業の実施にあたっては煙が発生するため、刈草をよく乾燥させ小さなブロックに分けて風向きを考えるなど、十分注意して作業しておりますが、突然風向きが変わるなど御迷惑をお掛けしましたが、今後も十分注意して作業を実施していきますので御理解御協力お願いします。

なお、焼却作業のお知らせについては、堤防周辺の住居について自治会長への説明や各戸にビラ配布など行い周知に努めています。なお、配布場所は、堤防から水路までの間の住居を対象とするなど地域によって勘案し実施しております。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)