淀川Q&A
河川の利用について
点線
堤防の草刈りなどはどのような基準で行っていますか?
(2010年09月25日(土)寝屋川市/無職)

健康のために毎日堤防を歩いています。
時には寝屋川から毛馬の閘門とか、また樟葉ゴルフの先の八幡付近まで歩くこともあります。

堤防の脇に1キロごとに石の標識を設置していただいていますが、草が生い茂って全く見えない標識がたくさんあります。
せめて標識の周りだけでも草刈りをお願いしたい。

また200メートル、400メートルなどの名盤も雑草で見えないものが多い。

善処をお願いいたします。

2010年10月05日(火)

堤防の除草は、洪水や高潮の時に水害を防ぐ施設である堤防の状況(崩れ、亀裂等)を確認するため 梅雨や台風による洪水が起きる時期を考慮し実施しています。

河川に設置している距離標については、河口や合流点から200m毎に銘板、1km毎に杭を設置しおります。

堤防全体が草で覆われる時期においても、距離標の周辺四方3mをコンクリート張りにすることにより確認しやすくしております。

堤防の除草は、梅雨前に実施し、昨年は8月から9月頃にも実施しておりましたが、本年は10月中頃より着手することを予定しております。

しばらくの間ご不便をおかけすることとは思いますが、ご理解を頂きますようよろしくお願いします。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)