淀川Q&A
河川の利用について
点線
堤防沿いの地盤のゆるみについて (2007年07月13日(金)/会社員)

枚方大橋から川沿いを歩いて通勤していますが、道路の地盤のゆるみがとても気になります。

雨の日は道路に水が溜まり、自動車が通ると歩行者に容赦なくぶっかけて行きます。
それも半端なものではありません。
きちんと舗装しなおしてほしいものです。

舗装改良が無理なら大きな壁をたててくださるなど、何かしら方法はないでしょうか?

また、歩道側も地面がガタガタでとっても歩きにくいです。
また帰宅時には辺りは暗く、街灯もないのでとても危険です。

なんとかならないでしょうか?

2007年08月08日(水)

ご意見の道路は堤防天端兼用道路(ていぼうてんばけんようどうろ)と呼ばれる道路です。
河川堤防を高槻市道路管理室管理課が占用し、市道として管理しております。

当所で現地を確認いたしましたところ、ご意見の状態は「道路の地盤のゆるみ」ではなく、路面の「轍」(わだち)と察せられます。

頂いたご意見と状況を占用者に連絡し、必要な対策の依頼をいたしました。

なお、堤防での電線等の埋設や、壁等による遮断は、治水や水防の障害となり、認めることはできない点、ご理解どうぞよろしくお願い申し上げます。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)