淀川Q&A
河川の利用について
点線
一津屋河川敷の野犬について (2011年08月18日(木)摂津市/会社員)

一津屋野草地区河川敷公園を通勤で歩く者です。
毎朝、野犬5〜6頭が草むらから歩道に向かって集団で出てきて大変恐ろしい思いをしています。

人に慣れている様子で足元まで来るので、いつ噛まれてケガをしてもおかしくない状況です。

以前にもお電話でご相談し状況をお伝えしましたが、保健所と協力のもと野犬捕獲などに努めますとのことでしたが全く改善されていないのはどうなっているのでしょうか?
野犬の数も以前よりかなり増えています。

「広大な河川敷に逃げ隠れし見つけるのが難しい」と解答されますが、それでは野犬が出てくる(逃げ込む)場所の草を刈ってください。

決まった場所です。
"夏場に水上スキーが入水する場所の右側に広がる草むら"です。
決まってそこから集団で出てきます。

野犬に噛まれるなど事故があってからでは遅いのではないですか?

2011年08月29日(月)

ご意見有り難うございます。

今回頂きましたご意見をもとに、水上スキーが入水する場所の右側に広がる草むらの除草を実施しました。
今後も河川管理者として出来ることについては、実施していく予定です。
野犬の捕獲についても、改めて府の保健所に要請しております。

なお、一津屋河川敷には野犬への餌やりをする方々がいます。
餌やりは野犬が増える原因であり、野犬が河川敷利用者に近寄っていく原因であるため、今後是正していかなければならないと思っております。

引き続き保健所と連携しながら野犬への対応をしてまいります。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)