淀川Q&A
河川の利用について
点線
淀川河川敷の野犬 (2009年07月23日(木)摂津市/会社員)

2009年7月22日、河川敷下島町付近で自転車通勤途中、約3頭の野犬に吠えられ追いかけられました。

帰宅途中で夜中(0:00頃)ということもあり人影は殆どありませんでしたのでかなり怖い思いをしました。
今回で2回目です。

前回は、太子橋3付近でかなり大きな野犬2頭に追いかけられました。
これも帰宅途中で、もろ河川敷ではなく土手の道で追いかけられました。

出勤途中にも、追いかけられはしませんでしたが、野犬の群れを何度か目撃したことがあります。
野球場(?)辺りで屯しておりました。

これでは、安心して通勤できません!!
何とかならないものでしょうか?

2009年08月04日(火)

ご意見有り難うございます。

淀川中下流部には多くの野犬がいるため、その対策を求める苦情が多く寄せられており、河川管理者としても野犬問題はその対策に苦慮しているところです。

河川敷における野犬の捕獲作業は各管轄の保健所が行うため、河川管理者としても捕獲が円滑に行えるための対応策について保健所との会議も実施し、捕獲に対する協力を行ってきました。

野犬に対する苦情や河川のパトロールにおける野犬情報は、その都度保健所へ伝え、捕獲作業を依頼しております。

しかし、犬も河川敷に逃げ隠れし、広大な河川敷であるために犬を追い詰める場所が無く、葦などの草原に邪魔されて捕獲が困難な実情があります。

引き続き保健所と連携しながら、より有効な対応策を検討し、野犬への対応をしていきます。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)