淀川Q&A
河川の利用について
点線
淀川及び大阪市内の水草について (2006年11月08日(水)大阪市/会社員)

川に浮かぶ水草について教えてください。

最近、市内の川にほうれん草のような、白菜のような大きな葉っぱが浮かんでいるのをよく目にします。
気になって知り合いに聞いたところ、テレビで特集をしていたのを見たらしいのです。
その中では、「琵琶湖・淀川で繁殖して市内の川に流れ着いている」といっていたと聞きました。

その後、いろいろ検索してはみたのですが、テレビ局名までは覚えていなかった事もあり、わからないままです。
もし河川事務所様の方でこの葉っぱについて何かご存知でしたら、お教え頂けないでしょうか?
個人的に気になっているだけですので、そんなに詳しくわからなくても結構です。

お忙しいところお手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

2006年11月09日(木)

頂いた情報を元にその種について想像すると、それは多分「ボタンウキクサ」のことではないかと思います。
この種はアフリカ原産で別名を「ウォーターレタス」と言います。

春頃に発芽し夏の暑い間は特に繁殖する事はないのですが、涼しくなる9月以降大繁殖し、寒くなる1月頃には枯れてみられなくなります。

4,5年前頃から淀川での繁殖が確認され、一時期には城北わんどと呼ばれる場所の水面全てを覆い尽くしており、繁殖力が大変旺盛で対策に苦慮しております。

この種は特定外来生物種としてリストアップもされており、「外来生物法」により飼養、栽培、保管、運搬、輸入が規制されています。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)