淀川Q&A
河川の利用について
点線
ヤード跡地の野鳥の動きについて (2003年6月8日(日)大阪市/Tさん)

淀川河川事務所 調査課御中

こんにちは。いつも業務ご苦労様です。

赤川地先でのブロック製造作業が終了したようですね。
同エリアでの、この春の、野鳥の動きを報告しておきます。

 

  1. コチドリが一つがい営巣してヒナが2羽以上育ちました。
  2. シロチドリも一つがい定着しましたが、子育ては確認できず。
  3. コアジサシは最大30羽ほどが降着する時期がありました。
    例の「求愛給餌」行動が見られましたが、営巣には至らなかったようです。
    クリーク素掘りが始まってからは不在。
  4. オオヨシキリなど「常連」のほか、ケリの飛来が認められました。

 

なお同エリアでは、これまでノゴマの通過が見られましたが、今季は姿を見ませんでした。
ササゴイはきています。ヨシゴイはまだ。
素人の観察で中途半端ですが、ともあれご参考まで。

該エリアが、野鳥の保護・観察地区としての条件を本来的に備えていることを認識して欲しいと思い、報告します。

以上 私は都島区居住の市民です。専門家ではありません

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)