淀川Q&A
河川の利用について
点線
異種カメ交流について (2003年3月24日(月)大阪市/Tさん)

淀川工事事務所 調査課御中

お忙しい時に恐縮ですが、添付します写真を見て、カメの名前を教えてください。

毛馬地区のクリークで一緒に甲羅干しをしていましたが、首の模様や甲羅の形が違い、異種同士のようです。宜しくお願いします。

兼ねて申上げていますが、この種の質問に回答してもらえるページを貴 HP に常設されるよう提案し、かつ期待するものです。私は都島区に居住し、毎朝、淀川河川敷を散歩して自然を楽しんでいます。

カメ

2003年5月6日(火)

3月24日にお問い合わせをいただきました異種カメ交流について

事務所のフィールド総合図鑑「川の生物」で調べましたところ、写真の手前の赤い筋が入っているカメは、「アカミミガメ」です。

カメ目イシガメ科 甲長120mm〜280mm
●日本各地で帰化
●目の後方に赤い筋がある。雄は爪が長くなる。幼体の甲らは黄色い模様の緑色。成体の甲らは緑褐色。
●帰化動物で、ペットが逃げだしたり飼い主が置き去りにされたりして野生化した。
●夏の日中は泥に潜って暑さを避けたりする。

もう1匹のカメは、「イシガメ」のようです。

カメ目イシガメ科 甲長130mm〜180mm
●本州、四国、九州、日本固有種
●頭部は小さくて細く、甲ら中央に1本の畝(うね)がある。甲らのあと甲縁は切れ込む。
●夏の日中は泥に潜って暑さを避けたりする。

2003年5月9日(金)大阪市/Tさん

淀川河川事務所 調査課御中

淀川にいた「カメ」について質問したところ、5月6日付けで親切な回答をいただきました。
感謝します。

「フィールド総合図鑑」を参照されたとのことですが、これは山海堂の「川の生物・フィールド総合図鑑」でしょうか? 違っている時だけ、返事をください。
この図鑑なら、市立図書館に蔵書していることが分かったので、また見てみます。

世間でいう「ミドリガメ」は、この「アカミミガメ」の幼名なのだそうですね。
「アカミミガメ」と教えていただき、広辞苑を引いてみました。勉強になりました。

以上、貴重な時間を割いていただいたお礼と報告です。今後もよろしくお願いします。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)