淀川Q&A
河川の治水・防災について
点線
毛馬地区の工事 (2009年05月15日(金)大阪市/自営業)

毛馬地区の河川敷をいつも散歩しています。

ここにはサッカー場1面と野球場2面あり、土曜や日曜はサッカーや野球の人でいっぱいです。
試合に参加しない人たちが歩道や芝生歩道まで占拠し、着替えやキャッチボールなどをし、横切ろうものならすごい目で睨みつけられます。

また、周辺道路には違法駐車がズラリとならんでおり、すれ違いもできない状態です。

昨日から唯一お花畑だった所の工事が始まりました。
最近整備されていないとは思っていましたが、勝手に種がとび美しい花が咲いていました。
それも全部刈られて来年3月まで工事する旨の看板が立っていましたが、また運動場を増やす工事ですか?

またサッカー場と野球場の間の木も切り倒されていました。
これからの季節木陰になる木をきるなんて・・・

河川敷公園は運動する人だけのものなのですか?
私たち散歩する人、犬や子供連れで行く人たちも税金をはらっている市民です。
憩いの場として利用する権利はあると思います!

一部の運動する人たちの施設ではないはずです。
誰が決めているのか知らないけれど、もしこの工事がまた運動場を増やす工事なら納得できません。

いいかげん運動する人たちの横暴とマナーの悪さにうんざりしている人もたくさんいます。
河川敷公園はそういう施設ばかりにお金をかけて何か利権でもあるのですか。

そんなお金が余っているのなら反対側の背が高く伸びた草をこまめに刈ってほしいです。
周辺の人たちは花粉症がひどく困っています!

お金で借りる施設ばかり頻繁に草刈などの整備をして反対側は放ったらかしでしょうか?

2009年05月25日(月)

○工事について

新たに運動施設を増やす工事ではなく、公園内の伸びた草を刈り取る作業です。
1年間に数回作業しますので看板の表示は年度末までとしています。

木の伐採はこれからの梅雨や台風の大雨により水かさが増えたときに流れの障害となること、また管理の目が届かないことで危険な行為(非行の温床等)の原因となるため一部を短く刈り取りました。

 

○堤防の草刈について

淀川河川事務所では、堤防の点検のために初夏と晩秋の基本的に年2回の草刈を実施しています。
淀川大堰から城東貨物線の間の堤防の草刈は5月末から6月上旬にかけて順次作業する予定です。

 

○駐車場について

特に車でのご来場が集中する休日において利用者の皆さんにご不便をおかけしており、その対応に苦慮しているところです。

淀川河川公園は河川敷を利用した公園ですので、駐車場を設置するスペースが限られていることから、できるだけ公共交通機関でお越しいただくようお願いしているところです。

引き続き公共交通機関の利用、乗り合わせ利用など、利用者の方への一層の周知を継続します。

 

淀川河川公園では、誰もが安全で快適に利用できるよう努めているところであり、今後とも ご協力・ご支援をよろしくお願いします。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)