淀川Q&A
河川の治水・防災について
点線
家がもの凄い揺れる (2008年10月22日(水)大阪市/会社員)

最近、豊里大橋横付近で工事をしていますが、日中ずっと、家が揺れます。
ずっと地震の様な揺れがあります。

最近、引越してきて、新築の家なのに、もの凄い不快です。
いつまで、この不快感が続くのでしょうか。
嫁が怖がっています。どうにかならないのですか?

本当に必要な工事なのか?
非常に不愉快です。

2008年10月27日(月)

現在、淀川河川事務所では洪水の被害から住民の方々を守る為に川の堤防を強化する工事を進めております。 堤防の強化とは、淀川の水位が上昇した時に堤防に水が浸透して堤防が弱くならないように補強するものです。

現在、工事は豊里大橋の上下流で行っております。

淀川の堤防強化工事を行うにあたり、コンクリートやアスファルト等で出来ている古い施設を取り壊す必要があります。
取り壊しにあたっては、少しでも騒音・振動を少なくする工法を採用しておりまが、それでもどうしても騒音・振動は出てしまいます。

頂きましたご意見は、現地の作業員に周知するとともに、少しでも騒音・振動が出ないようにより慎重に作業を行う旨周知いたしました。
ただし、前段でも触れましたがどうしても振動・騒音は出てしまいます。
住民の皆様方を水害から守る為に行っている工事であり、ご理解の程よろしくお願いいたします。

尚、工事は来年の2月中旬までです。
古い施設を取り壊す工事は、12月中旬まで実施する予定です。

よろしくお願いいたします。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)