淀川Q&A
河川の治水・防災について
点線
赤川鉄橋の西側の工事について (2002年6月6日(木)大阪市/会社員)

先月、赤川鉄橋の西側で工事が始りかけているのを見ました。
まだ工事途中で、小さな水溜りがあちこちにあり、ザリガニやおたまじゃくし、カダヤシ、他たくさんの小魚が生息していました。

昨日行って見てびっくり、ブルドーザーとダンプが走り回り、水溜りは跡形もなくなっています。
鉄橋の東側のたまりで観察しましたが、ザリガニもおたまじゃくしもほとんど見かけませんでした。

一体何のための保全なのでしょうか?
ワンドを守ろうと言いながら、一番大きなダメージを与えているのは行政ではないでしょうか?

確かに、中洲は家庭菜園さながらになっていて、柵や小屋まで作られているのには農薬の流出や、土地の不法占拠の点で憤りを感じましたが、一つ一つ、強制撤去することは出来なかったのでしょうか?

市民が淀川へ行く時は、ブルドーザーで整地された公園が目当ではありません。
萱がぼうぼうの中洲に入って都会の中で唯一のこされた自然を楽しんでいるのではないでしょうか?

子供の時から淀川に親しんできた我々にっとては、非情に耐えがたいことです。

2002年6月27日(木)

ご指摘、ご意見ありがとうございます。赤川鉄橋の西側の工事について説明させていただきます。

ご指摘を頂いています毛馬・赤川地先での作業については、対岸柴島地先で実施している堤防の耐震対策と、堤防強化等の一環として、コンクリートブロックによる根固め工を実施します。このブロック製作場所として、赤川鉄橋上下流部の高水敷きでコンクリートブロック約12,000個程度を製作するために使用することとしました。

ブロックを作るに当たって、高水敷が凸凹の状態では、ブロックを作れないため、ご指摘いただいたように、水溜まりなどを整地しています。
当地区におけるブロック製作は、本年度平成14年度中には完了する予定となっています。

本工事完了後の当該地区の使い方については、環境や、使用方法を検討して今年度中に結論を出していきたいと考えています。

今後の検討に当たって、大変恐縮ですがご意見、ご指摘など頂けましたら参考にさせていただきたいと考えています。
今後ともよろしくお願いします。

(2002年6月28日(金)大阪市/会社員)

お仕事ご苦労様です。
丁寧なお返事、ありがとうございました。
何も知らず、失礼なことを申しました。

ただ、私のような誤解をして、嘆いている人がきっといると思いますので、お返事戴いた内容の看板を立てて戴ければどうでしょうか?

ビルの工事現場でも完成予想のパースなんかが掲示されていると、なんとなくわくわくするものです。
利用方法の提案募集でもいいと思います。
情報がないのが、一番不安なんです。

また、跡地の利用ですが、私個人としては、何にもない草ボウボウが一番ステキです。
十三にいるらしい鷹とかが来て欲しいですネー

もちろん、勝手に釣堀にしたり、農地にすることは、厳重に取り締って戴くとして…
それが一番お金の掛ることかも…

お話を聞いて楽しみが増えました。ありがとうございました。
またちょくちょく散歩に出かけます。
暑い季節がはじまりますが、お身体に気を付けてがんばってください。

点線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)