ゴミの不法投棄について
川はごみ捨て場ではありません
淀川河川事務所では河川パトロール車による巡視を行いごみが捨てられていれば維持作業業者による撤去処分を行っていますが不法投棄は跡を絶ちません。
ごみの種類は行楽ごみや家庭用大型ごみ等の一般廃棄物が最も多く次に家屋解体材や肥料の空袋等の産業廃棄物となっています。又、車やバイク等も多く捨てられています。
一方、投棄場所としては持ち込みやすい橋の周辺や竹林等があり人目に付きにくい所が多くなっています。
こうしたごみを撤去処分する費用は防止対策費も含めて年間約56百万円(H20年度実績)にもなっています。
淀川は貴重な植物や小動物が生きる自然の宝庫でもあり、人々のいこいの場ともなっています。そのためにも淀川をきれいに守っていかなければなりません。
淀川河川敷に捨てられたゴミ

  menu  
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)