淀川の野草
 

ヒメクグ

野草イメージ
アイコン 場所: 西中島地区
季節: 夏から初秋
 
ヒメクグ
「クグ」とはカヤツリグサのこと。また、小さい植物には「ヒメ」をつけることが多い。だからヒメクグは「小さいカヤツリグサ」ということになる。いろいろな草が集まって芝生のようになっているところで生育している。細い茎のてっぺんに直径1cmくらいの球状の穂をのっけて、包と呼ばれる葉を広げた姿は、おひめさんが踊っているように見えるじゃないか。なんとか、もっと違う名前をつけてあげたいなと思いませんか。



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)