淀川の野草
 

アレチマツヨイグサ

野草イメージ
アイコン 場所: 出口野草地区
季節: 夏から初秋
 
アレチマツヨイグサ
マツヨイグサといえば、月見草を連想する。ところが、月見草は白い花。マツヨイグサは黄色の花。小形のもので、荒れ地や道端に多いのがアレチマツヨイグサというわけ。しかし、分類学者の研究によれば、この名前に問題が多く、メマツヨイグサという和名に片づきそうである。名前のとおり、花が夕方咲いて朝にしぼむ。花粉を運ぶのは夜中に活動する虫ということになるが、果たしてどんな虫なんだろうか。



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)