淀川の野草
 

ヤブカンゾウ

野草イメージ
アイコン 場所: 出口野草地区
季節: 夏から初秋
 
ヤブカンゾウ
薮(やぶ)でなく、堤防斜面で生育するヤブカンゾウ。山手の方で見られるのはノカンゾウ。変な感じがするが、オレンジ色の八重咲きの花は明るい陽の光の下が相応しい。牧野植物図鑑では、和名をワスレグサ、別名をヤブカンゾウとしている。葉はあくがなく、食べやすい。特に葉の付け根は生でマヨネーズで食べるのも良い。花は、さっと湯に通して酢味噌(すみそ)でどうぞ。と言っても、取り尽くさないよう、ご注意を。



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)