淀川の野草
 

ヤブガラシ

野草イメージ
アイコン 場所: 八雲地区
季節: 春から初夏
 
ヤブガラシ
少し前にはこの蔓草(つるくさ)を「ビンボウヅル」と呼んでいたものだが、近頃は聞いたことがない。しかし、ヨシ原といい、水辺の草原といいこの草に覆(おお)われて死にかけているのを見ると、藪を枯らすという名前がピッタリである。ろうそく立てを思わせる花の付け根から蜜が出ていて、アリがせっせと歩き回っているのを見れば、嫌われ者もどこかで役に立っているのを実感する。
【別名】ビンボウカズラ
【地方名】ビンボウグサ、ビンボウズル、イツツバ



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)