淀川の野草
 

ムラサキカタバミ

野草イメージ
アイコン 場所: 大山崎地区
季節: 春から初夏
 
ムラサキカタバミ
庭や畑で赤紫色の筒型の花をいっぱい咲かせる様は誠に旺盛である。江戸時代、南米から観賞用に輸入されたらしいが、今はむしろ駆除(くじょ)しにくいので嫌われ者になっている。根に小さな球根が沢山つき、草むしりをしたときにこの球根が散らばって繁殖を広めるので厄介者(やっかいもの)なのである。「ワルグサ」という地方名がそれを物語る。別名、キキョウカタバミ。
【別名】キキョウカタバミ
【地方名】ワルグサ



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)