淀川の野草
 

ハハコグサ

野草イメージ
アイコン 場所: 赤川地区
季節: 春から初夏
 
ハハコグサ
春の七草の一つ「おぎょう(御形)」がこれである。淀川の河原で普通に見られたものだが、最近は流れを見おろせる岸辺に多く見られるように思われる。河原の環境の変化を表すのだろう。名前の由来はあまりはっきりせず、牧野植物図鑑では『誤りである』とさえ記されているのに、代わる名前が書かれていない。(牧野富太郎は日本の植物分類の大家。集大成したものが、牧野植物図鑑)
【別名】オギョウ、ゴギョウ



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)