淀川の野草
 

ツルマンネングサ

野草イメージ
アイコン 場所: 仁和寺野草地区
季節: 春から初夏
 
ツルマンネングサ
万年草といえば庭先などで見られるコモチマンネングサがよく知られている。肉厚の丸っこい葉っぱで、葉の付け根にむかご、のあれだ。それよりもう少し大形で、細長い葉が三枚ずつ出ているのがツルマンネングサである。淀川の堤防に張られたブロックの上に溜まった土に根を張って群れているのがよく見られる。肉厚の葉は水っぽく、押し葉標本にしてもなかなか乾かない。だから、ブロックの上でも生きて行かれるのだろう。



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)