淀川の野草
 

セイヨウタンポポ

野草イメージ
アイコン 場所: 外島地区
季節: 春から初夏
 
セイヨウタンポポ
生食用に輸入したものが広がったと言われているが、確かに日本のタンポポに比べて苦みも少なく、生で食べられる。花のてんぷらは子供達のお気に入りだし、根のきんぴらは左党に気に入られる筈だ。「庭に外国産のタンポポが生えています。住んでいてもいいでしょうか」という問い合わせをもらったことがある。セイヨウタンポポが生えているところは環境が悪いと誤解されているらしいが、これをはびこらせたのは誰か、考えて欲しい。



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)