淀川の野草
 

コマツナギ

野草イメージ
アイコン 場所: 城北わんど
季節: 春から初夏
 
コマツナギ
駒繋(こまつな)ぎである。茎や根が丈夫なので馬の手綱(たづな)を繋いだと言われる所からの命名とされる。淀川の堤脚部のブロックの隙間(すきま)に根を下ろし、萩を思わせる小さい赤紫色の花を咲かせる、優しいけれど、しっかり自己を主張するかの様子はカワラハギとかコットイハギなどの地方名に表されている。
【別 名】カワラハギ、コットイハギなど



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)