淀川の野草
 

キキョウソウ

野草イメージ
アイコン 場所: 大日地区
季節: 春から初夏
 
キキョウソウ
大きさはキキョウよりも小さいけれど、ほんとにキキョウを思わせる可愛い紫色の花。明治時代中頃に北米から輸入されて栽培されていたらしい。現在、それがあちこちの野原で生活している。欧米では「ビーナスの姿見」という名で呼ばれているらしいが、果実の壁に楕円形(だえんけい)の穴が開いて、壁が蓋(ふた)になって穴をふさぐその姿が「姿見」を連想させるものらしい。野にあって、キュートな華を添えてくれる。



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)