淀川の野草
 

アレチハナガサ

野草イメージ
アイコン 場所: 長柄地区
季節: 春から初夏
 
アレチハナガサ
長柄橋の上流右岸、ゴルフ場に沿った道際に背の高い見慣れない草を見つけたのは今から5年ほど前だった。それがアレチハナガサ。今では生育場所を広げ、しかし、あまり遠くへは行かないで群生(ぐんせい)するようになった。南米原産で、1957年頃には北九州で見られたと記録にある。桂川は松尾橋の下流部右岸にも見られる。仲間の「サンジャクバーベナ」ほどには人気がないようである。
※(川の下流に向って右を右岸、左を左岸という。)ヤナギハナガサ参照



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)