淀川の野草
 

アレチノギク

野草イメージ
アイコン 場所: 長柄地区
季節: 春から初夏
 
アレチノギク
野原では必ず見られる南米原産の越年草(えつねんそう)。一時少なくなったが、最近また淀川の草むらはもちろん、あちこちで見られるようになった。全体にビロード状の白っぽい毛に包まれているので、「うるさい雑草」くらいにしか認められていない様子である。更地(さらち)でよく見られ、都会の雑草とでも言うべきかも知れない。

【地方名】イジングサ、メイジグサ、カンゴクソウ



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)