淀川の野草
 

ヨモギ

野草イメージ
アイコン 場所: 大淀野草地区
季節: 秋から初冬
 
ヨモギ
春の若芽を摘んで、草団子を作ったり、餅につき込んで草餅にしたり。生の葉っぱを嗅いでも余りいい香りとは思えない、ましてや食べようと思いにくいのに、香りを活かして食べたり、風呂に入れて薬湯(やくとう)にしたり、灸(きゅう)のもぐさにしたり、これを見つけた昔の人は偉かった。牧野図鑑では、和名カズザキヨモギ、そして別名ヨモギになっている。地方名にモヨギがあり、モチグサがある。
【地方名】モヨギ、モチグサなど



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)