淀川の野草
 

ゴキヅル

野草イメージ
アイコン 場所: 豊里地区
季節: 秋から初冬
 
ゴキヅル
「ゴキ」はゴキブリの「ゴキ」に通ずる。つまり、蓋(ふた)を持った実が出来る変わり者である。水辺に生えるウリ科の1年草。蓋と実がある器つまり御器が名前に使われているのだ。ゴキブリも御器(ごき)?なぜ?考えて下さい。水辺の植物が少なくなっている中で、このゴキヅルは盛んに生育を続けている。蔓性(つるせい)であることが原因かも知れない。



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)