淀川の野草
 

イタドリ

野草イメージ
アイコン 場所: 背割堤地区
季節: 秋から初冬
 
イタドリ
春の堤防で、赤紫色の筍(たけのこ)を思わせる新芽を折り採ると、その時切り口から透明な液体がジャーと出てくる。皮を剥(む)いて口に運ぶと独特の香りとさっぱりした酸味。地方名が極めて多いと聞いたが、コッポン、トッポンなど折り採ったときの音を使ったものが懐かしい。カッポンをよく使っていたからだ。
【地方名】コッポン、カッポン、トッポンなど



back   menu  


淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)