久我橋〜宮前橋

リンク
桂川の環境 水辺の自然 名前別検索 桂川TOP

環境地図の見方嵐山〜桂大橋桂大橋〜久我橋|久我橋〜宮前橋|宮前橋〜三川合流点

色分け区分の見方 鳥のイラスト表示の見方 拡大
 

久我橋〜宮前橋イメージ

 久我橋下流の左岸はテニスコートなどの運動公園として整備されていますが、その前の中州は河畔木とヨシや草におおわれた小世界を作っています。

 夏に久我橋下の井堰ではササゴイの姿がよく見られます。

左岸の鴨川が合流するあたりまでは大小の中州が散在し、初夏にはオオヨシキリの声が賑やかに聞こえます。鴨川は少し先で西高瀬川を合わせて 旧羽束師橋の近くで桂川に流入しますが、鴨川と桂川に挟まれた高水敷は広い耕作地になっています。桂川に合流する辺りの鴨川は上流と対照的に小さな流れになり、意外な感じがします。

 旧羽束師橋から下流の左岸には、その昔桂川の水運が盛んだったころの草津港をしのぶ町名が残っています。

 左岸は宮前橋近くまで大小の耕作地があり川辺を歩くのは困難ですが、開けた環境にはヒバリ・キジ・モズなどが多く生息しています。また、所々にあるエノキの高木に春の渡りの季節には、コムクドリがよく姿を見せます。これまでの観察記録でもエゾムシクイやトラフズクの記録があり、季節によって珍鳥との出会いが期待できる所です。

 秋にはショウドウツバメがたくさん渡って行くのが見られ、冬には猛禽類がよく出現し、これまでミサゴ・オオタカ・ハイタカ・ノスリ・ハヤブサ・チョウゲンボウ・チュウヒ・ハイイロチュウヒなど、ワシ・タカのウォッチングに見逃せない場所です。

 またキツネも生息しているようです。畑で姿とその巣穴も確認しています。
右岸は羽束師橋から直ぐ下流にグラウンドがあり、その先はセイタカヨシなどの河川敷が宮前橋まで続きます。橋の手前には小さなワンドがありその周囲のヨシ原にはオオジュリンなどを見ることがあります。

 この区間は羽束師橋から左岸を川に近づこうとすれば、ほとんど耕作地の中を通らなければなりませんので大勢での通行は困難です。右岸は河川敷を宮前橋まで行けますが、やはり左岸の方が思わぬ野鳥や野草との出会いが期待できます。

見方のリンク
久我橋〜宮前橋マップ
拡大 色分け区分の見方 鳥のイラスト表示の見方

back   menu    
桂川の環境 水辺の自然 名前別検索 桂川TOP
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)