淀川のわんど

ワンドとは淀川本流とつながっているか、水が増えたときにつながってしまうような場所を言います。 ワンドの言葉の語源ははっきりしていませんが、「入り江」や「川の淀み」「淵」のことをワンドと読んでいる地方があることから、淀川でもワンドと呼ぶようになりました。 そしてこのワンドは「淀川らしさ」の象徴ともなっています。

かつての淀川は

古代の日本の文明は、淀川の水路によって開かれたといえます。
古代、淀川は瀬戸内海や西国への貴重な交通路で、京の都へお米や物資を送るための輸送路として活躍してきました。 しかしそのころの淀川の水路は、今のような安定した姿ではなく、至るところに土砂がたまり、浅瀬であったようです。
土佐日記を著者である紀貫之も、四国土佐から京の都への帰路として淀川を舟でのぼったときに、舟が浅瀬で四苦八苦したということを記しています。

淀川の改修のはじまり

明治時代になると、大阪に港をつくる計画がもちあがりました。
それは大阪に港をつくり、大阪から京都伏見まで蒸気船を通れるようにする、というものでした。
そのためには河川の改修が必要となるため、当時日本と友好関係にあったオランダから外国人技師を招へいし、先進国の土木技術を取り入れることとしたのです。 1872年(明治5年)に、長工師としてファン・ドールンが来日します。 ファン・ドールンは翌年「治水總論」を明治政府に提出します。これは、治水土木に関する術語、施工法が説明されたものとなっており、日本の技術者に治水の原則を教えることとなりました。 1873年(明治6年)には、エッセル、チッセン、デ・レーケらの技師が来日し、淀川の改修計画や築港計画づくりを行い、さらには日本の各地で土木事業に従事することとなります。

淀川を改修し、大阪から伏見まで蒸気船を通すには、約1.5メートルの水深の水路が必要となりました。また、あまり急な水路とすると川の流れが速くなって蒸気船がのぼりにくくなるため、水路をくねくねと曲げて流れを緩やかにすることにしました。 そして、その水路が曲がっているところに水があたって水路が壊れないように「水制」というものを設置したのです。

この工事で用いられた「水制」は、岸から川へ垂直につきだした形をしています。そして木の小枝や下草を使って大きなマットをつくり(粗朶沈床工)、それを何重にも積み重ねて大きな石で川の底に沈めました。

淀川修築工事の粗朶水制の配置図(明治18年) (この囲まれたところが

粗朶沈床工の模型(オランダ人技術者が秘蔵) 淀川資料館蔵

ワンドは淀川の改修工事によって生まれた

昭和35年頃の淀川

この水制をつかうと、水の流れは木の小枝の間を通ることができ、穏やかに川の流れを曲げることができました。
そしてこの水制に囲まれたところにやがて土砂がたまり、その上に水際を好む木や草が生え、現在のワンドの元の形ができたのです。
ワンドは水の流れがあまりないため、池などにすむ魚たちには暮らしやすく、水辺の植物の生えているところは魚の産卵や仔稚魚が暮らす絶好の場所となったのです。


ワンド断面

ワンドは生き物たちの大切なすみか

このようにしてできたワンドは、さまざまな生き物のすみかとなっています。
例えば天然記念物のイタセンパラは、淀川ではこのワンド周辺でしか見ることができません。ワンドはまさに貴重な生き物たちのすみかなのです。

ワンドの環境と魚介類の生活場所

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)