土砂環境の改善

    木津川下流(木津川0.0k〜37.2k)では、河道内の植生の繁茂や澪筋の固定化・最深河床
   低下等が課題となっており、「たまり」の環境が変化している等、土砂環境の変化による河川
   環境への影響が懸念されています。
    このため、当事務所では治水・利水・環境の観点から土砂動態の実態を把握し、木津川下流
   における土砂環境に対する改善方策を見いだすため、NPO、淀川河川レンジャー、京都府、
   学識者と連携し検討を進めています。

          (昭和46年)                         (平成25年)
    昭和46年写真     平成25年写真
    昭和46年と平成25年の航空写真の比較(三川合流から15k付近)
   
   木津川では昭和50年頃から砂州が現在の位置に固定化し、樹林化が進行しています。


  木津川下流における土砂動態の現状      pdf 3,845KB(PDF)


  土砂環境改善に向けた課題と方向性      pdf  479KB(PDF)


  今後の検討方針      pdf 1,430KB(PDF)


   参考資料・・・木津川下流の概要           pdf 10,510KB(PDF)



menu
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)