洪水氾濫シミュレーション

洪水氾濫シミュレーションイメージ

平成13年7月に改正された水防法の規定に基づき、洪水の時、すみやかに避難して水害の被害を少なくできるように、堤防が破堤した場合の浸水が想定される区域とその水深を地図でまとめた「浸水想定区域図」を公表しています。

浸水想定区域図を作成するにあたっては、淀川水系に大きな被害をもたらした大雨をもとにして、淀川の堤防が破堤して河川が氾濫したときにどの程度の被害が出るかを各地点毎にシミュレーションしています。そしてその洪水氾濫シミュレーションの結果をもとにして浸水想定区域図としてとりまとめ、皆様に公表をしています。

ここでは、その氾濫シミュレーションの具体的な条件や内容について紹介しています。

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)