地震に備えて

災害時に正確な情報を収集し、迅速な対応を行います。

水防演習
水防演習
淀川は、洪水または高潮により、重大な損害を生じるおそれのある河川として、洪水予報および水防警報指定河川に指定されています。洪水や災害が予測されると災害対策部が設置され、情報の収集や洪水の予測、河川巡視などが行われ、関係機関に対して水防警報の発令や各種情報の通報を行っています。各種情報は整備中の光ネットワークを通じて、河川の状況の画像や水位・水質・震度の正確な情報を迅速に収集しています。 また、阪神・淡路大震災の教訓を受け、地震時の職員の迅速な行動指針を示した地震時初動マニュアル(案)、情報収集・伝達マニュアル(案)、巡視点検マニュアル(案)を制作し、地震時の初動体制の万全を期しています。

● 洪水に備えて
● 高潮に備えて


洪水に備えて

■氾濫シミュレーション
淀川の堤防が決壊した場合の氾濫被害の状況をシミュレーションして公表し、被害の明確化、事前の備え(危機管理)及び住民意識の向上を図っています。

ボタン
最大浸水区域図
最大浸水区域図
氾濫イメージ


■堤防の安全性点検
  (平成18年9月末現在)

淀川の堤防について、堤体や地盤の土質調査を行い洪水時の浸透・侵食作用を解析して個々の場所の堤防の安全性を評価しました。
今後はこの点検結果を踏まえ、安全性の不足している箇所について計画的に堤防強化を進めます。
また、危険水位(氾濫の起こる恐れがある水位)の設定や重要水防箇所に反映し、住民の皆さんの避難情報や水防団体などの水防活動に役立てていきます。
最大浸水区域図
詳細はこちら

淀川洪水危機管理検討会
洪水氾濫被害を、回避・軽減するための危機管理の対応について、関係機関からなる委員会で淀川洪水危機管理計画の策定を目指しています。

淀川防災研究会
さきの阪神・淡路大震災の教訓から、さまざまな災害対応の整備が進められています。広い河川敷と各種施設を有効に活用し、災害対策に万全を期するため、各種施設の運用ルールおよび活用方策などを淀川工事事務所、大阪府、京都府、沿川市町とによる研究会を設置し、防災対策のあり方を定めるものです。

水防活動の高度化に関する検討委員会
水防団を中心とし、迅速かつ的確な水防活動を展開することができる高度化された地域水防活動を実現するため、水防に関する深い見識を有する方々から構成される検討委員会を設置し、水防活動の高度化に資する情報伝達システムの検討を行います。

リアルタイムで受信され、表示される映像・観測・設備データ
リアルタイムで受信され、表示される映像・観測・設備データ
上に戻る
ライン


高潮に備えて
淀川の河口部では、台風による高潮の被害が予想されます。このため、河川においても高潮に対する対策を行っています。
現在の堤防は、伊勢湾台風、第2室戸台風等の大規模な台風の被害を契機に見直されたもので、スーパー堤防、堤防耐震対策と一体となって整備を実施していきます。


■防潮堤のしくみ
防潮堤のしくみ

工事を行うにあたっては、環境へも配慮しています。
景観を考慮した護岸
景観を考慮した護岸
(宇治川塔の島地区、河口から51km付近)[写真1]
生物にやさしい魚巣ブロック護岸
生物にやさしい魚巣ブロック護岸
(宇治川右岸、河口から41km付近)[写真2]
↓↓↓
洪水や地震あるいは高潮の対策工事を行うときは、美しい景観の保全・創出と[写真1]、生物にやさしい川づくり[写真2]を実施しています。
イメージ図1 イメージ図2
イメージ図



menu   menu    
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)