地震に備えて

被災状況
  今回の震災では、下流域の堤防に被害が集中しました。なかでも、左岸下流域の酉島地区は最も大きな被害を受けた箇所で、延長約2kmにわたり堤防が最大3mも大きく沈下しました。また、高見地区では天端から川裏側のり面が被災し、天端中央部に縦断亀裂が入ったほか、天端が約20cm沈下しました。
  右岸では、西島地区に被害が集中し、天端中央から川裏側のり面が被災し、天端では最大開口幅1.2m最大段差1.2mの縦断亀裂が認められました。

酉島川表護岸の被災状況
酉島川表護岸の被災状況
酉島川表護岸の被災状況
酉島川表護岸の被災状況

  被災した堤防はパラペットを有する三面張りの特殊堤でしたが、堤防天端は沈下し、パラペットは川表側へ滑落しています。

  やや上流側堤防の被災状況です。天端付近から川裏にかけての堤体は大きく沈下し、その高さはほぼ堤内地地盤高程度となってしまいました。


各地点の被災状況写真は、地図上の数字をクリックすると見ることができます。
被災状況地図


menu   menu    
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)