平成21年度河川愛護モニターレポート

8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月
河川地図
8月

通報内容(要旨)

8月19日(水)夕方4時過ぎより全般を把握する為、担当で有る鳥飼仁和寺大橋より芥川・淀川合流地点を、自転車に乗りくらわんか舟発生石碑より堤防添いを下流へとスタートしました。
京阪ゴルフ場を眼下に見て鳥飼公園を過ぎUターンし、淀川河川に出、上流へと向かった所でダンボール他のゴミが捨てられているのが見えました。淀川新橋の橋桁にスプレーで大きな落書きがして有りました。
三島江公園、三箇牧揚水機場を過ぎると大きな木や蔦がおい茂り森林のようで、大きな洪水が出た場合だいじょうぶかなと思いました。
その後芥川と淀川の接点を左に見、堤防から淀川を見ながら帰りました。
次回はもっとじっくりと観察出来る様にしたいと思います。

処置(意見・感想等)

初めてのモニター報告ありがとうございます。
河川への不法投棄・河川内の施設への落書きは後を絶たず、出張所としても対応に頭を痛めております。
河川内の樹木ですが、近年出水が少なくなったことから高水敷が陸地化しており、樹木が生い茂っている箇所が増えてきています。これらの樹木は直ちに流水の支障となるものではありませんが、淀川河川事務所では特に洪水時の支障になるおそれのある箇所については伐採作業を順次行っています。しかし予算的な制約や環境面の配慮も必要なため場所を選んで少しずつ行っているのが現状です。
まだしばらく暑さが続きますので、モニター活動の際には体調にお気を付けください。今後もよろしくお願いします。

▲ページトップへ戻る

9月

通報内容(要旨)

9月24日(木)
初レポートより早や1ヶ月。ゴルフ場内にはすすきの穂がきれいに咲き秋本番です。
本日は担当コースの下流を重点に、くらわんか舟発祥地碑を起点に回ります。
さっそく地碑のそばに放置自転車を発見。まだ新しそうですが、サドルがなく茨木市星見町◯◯とだけ書かれており誰かが乗り捨てた様子です。
その近くの堤防の脇30m程が枯草の焼かれた跡が有り、2週間程前夜の9時頃消防車が3台も来たそうです。堤防の上下ではジョギングをする人々を見かけました。
又鳥飼公園の淀川辺りでは釣りをする人が有り、鯉・鮒等が釣れるそうです。
先日のレポートにも書きましたが、淀川新橋の橋桁のラクガキは先日よりも増えていました。

処置(意見・感想等)

前回報告を頂いてから一月の間にすっかり涼しくなり、川を歩くのにも気持ちの良い季節になってきました。今月も報告ありがとうございます。
ご報告いただいた自転車ですが、所有者不明であり、壊れていることから出張所へ回収しています。残念なことですが、河川敷には自転車やバイクが頻繁に不法投棄されています。
その近くの焼け跡は9月18日夜間に起きた火災によるものだと思われます。幸い人や河川施設に被害はありませんでした。例年寒くなるにつれ火災が増える傾向です。
橋の落書きについては、基本的には橋を管理している道路管理者(淀川新橋の場合は大阪府)が対応することになっています。しかし、一旦消してもまた描かれてしまうようです。

▲ページトップへ戻る

10月

通報内容(要旨)

10月30日(金)晴
今月は三島江公園を重点的に見て回ります。
堤防は前月に比べ雑草も刈られすっきりしています。ゴルフ禁止の看板が立っているにもかかわらず今日も3人の人たちがボールを打っており、中にはドライバーを振り回している者もおり危険極まりないです。
公園内には野球場2つ・サッカー場1つ・テニスコート等があり、土・日曜日はたくさんの人々で賑わいます。
以前より気になっていましたが、トイレが3ヵ所有り、南側のトイレ故障のため男性用のみ、管理室前の中央トイレも扉が壊れ男性用のみ、北側サッカー場横のみが使用できる状態です。来場者の為にも公園事務所は一日も早く修理を望みます。
又公園来場の際、車はさぎうち橋より公園まで駐停車禁止の看板も立っている堤防上を走行するしかないと思いますが、なぜか築堤修堤記念碑前に車両走行禁止の看板が立っており、すこし矛盾を感じました。
現在大阪方面から来られる方は、一旦さぎうち橋まで行き、公園まで行くルートになっており、大変不自由をされていると言う事を聞きました。
三島江からも堤防を上がり公園に出る(現在封鎖)ルートも有るのにと思いました。

処置(意見・感想等)

今月もモニター報告ありがとうございます。
一般の方が多く利用される河川敷でのゴルフは大変危険なため以前から問題となっており、禁止看板の設置・パトロール時に発見すれば中止する様注意するなどしていますが、いたちごっことなっており対応に苦慮しております。
公園のトイレが故障しています件では利用される皆様に大変ご迷惑おかけしています。トイレはイタズラ等により壊されたものですが、近日中に修理の予定となっています。
ご指摘の「車両走行禁止」看板は"川の中へ車やバイクで進入することは禁止です"という目的で建てたものと思われますが、確かに意味が伝わりにくいものとなっています。こちらも早急に対応いたします。
公園への出入りが鷺打橋からのみとなっている件ですが、途中の坂路から堤防に上がる場合には堤防の道路が大変狭いため何度も切り返しが必要となり危険、との判断から進入の容易な鷺打橋からのみの出入りとしています。ご不便をおかけしますが、ご理解下さいます様お願いします。

▲ページトップへ戻る

11月

通報内容(要旨)

11月29日(日)
3時半頃、薄茶色になったゴルフコースのラフを見ながら鳥飼公園の方に向かいました。日曜日でも有り、ジョギング・犬の散歩の人たちとすれ違いながら公園に行くと野球場・サッカー場・テニスコートでは沢山の人たちが楽しんでおられました。
9月・10月のレポートで気づいた事3点取り上げました件、本日確認できました。

  1. 淀川新橋の橋桁の落書きはきれいに消されていて気持ちが良かった。
  2. 三島江公園の中央トイレも使用できる様に直っており、公園事務所の係員の話ではトイレの戸扉、内部もかなり壊れており気になっていたそうですが、先日業者の方が補修にこられたそうです。
  3. 築堤修堤記念碑前の車両走行禁止の看板も撤去されていました。今日気づいた事は野犬の多さを見かけた事です。鳥飼公園の川辺りに3匹、ゴルフ場の食堂近くに3匹、三箇牧揚水機場近くで4匹と計10匹程の姿を見かけました。ゴルフ場のゴルファーの人々もこわごわプレーをされていました。

このレポートを上げる事によって野犬の捕獲が有るのですかネ。人間の勝手で捨てられた犬がかわいそうですネ。

処置(意見・感想等)

今月もモニター報告ありがとうございます。
ご報告頂いた内容で対策が必要なものにつきましては、出来るものから順次対応しております。すぐには解決に至らないこともございますが、これからも気づかれた事がありましたらお知らせ下さい。
野犬については「こわい」「追いかけられた」等の苦情が当所に寄せられており、犬には可哀想なのですが対策を取らざるを得ないところです。野犬の捕獲は保健所が行いますので、これまでにも保健所と当所が協議し、河川敷に捕獲オリを設置する等しています。しかし野犬は広大な河川敷を逃げ隠れするため、捕獲は困難なのが実情です。

▲ページトップへ戻る

12月

通報内容(要旨)

12月24日(木)
今日はクリスマスイブで今年も残りわずかとなりました。2〜3日前から冷え込む日々でしたが、今日は暖かです。
犬と散歩する人たちとすれ違います。堤防の脇に犬の糞を放置して有るのをよく見かけます。犬の散歩をする一部の方だと思いますが処理してほしいものです。
川辺には鴨が数十羽水に浮かんでいます。
又以前はよく見かけたブルーシートで生活されている方、今日久し振りに鳥飼仁和寺大橋の下で見かけました。これから年末正月寒くなるのにどの様に過ごされるのでしょうか。
今日気になった事は淀川堤防の外側の裾ぞいで三島江南端から柱本北、丁度ケアハウスれんげ荘の有る約500mに石垣が組まれており、所どころ石のすきまが有り、一部にはコンクリートが塗り込まれていますが、石のすきまの奥に30〜40p程度の空洞が有ります。
今まで水のもれた事は聞きませんが、今後大丈夫なのでしょうか。すこし心配です。

処置(意見・感想等)

平成21年最後のモニター報告ありがとうございます。
淀川には沢山の野鳥が飛来しており、鴨以外には鷺・鵜・ミサゴ等をよく見かけます。特に三島江付近では野鳥観察をされている方が多くおられます。
河川敷で生活されている方は下流へ行くほど多くなる傾向です。河川内に許可なくテント等の工作物を設置する事は河川法違反ですし、何より川が増水した時大変危険な場所です。福祉関連部署と連絡をとりながら河川内から住居を移される様対応しているところです。
ご指摘の柱本付近の石垣は空石積と言います。石と石を組み合わせ、コンクリート等で固めず積み上げるもので、お城の石垣と同じ構造です。すきまがあるため、堤防にたまった水の排水を妨げない構造となっています。
現地を確認したところ、古いものであるため石と石のすきまが大きくなっている箇所がありましたが、今のところ石垣自体が崩れる様な兆候のある箇所は見受けられませんでした。かなり古いものですので、また今後何か変わった箇所がありましたら、ご報告頂けますようお願いします。

▲ページトップへ戻る

1月

通報内容(要旨)

1月24日(日)
今日は1月24日付毎日新聞に掲載された「ボタンウキクサ」が淀川新橋から大堰までの間を中心に繁茂との事で見学に出かけました。
「ボタンウキクサ」は流れが緩くなった場所にとどまりやすく、淀川河川敷に広がる浅い水たまり「わんど」のような入り組んだ場所で爆発的に増殖するとの事で「わんど」さがしに出かけましたが、なかなか見つからず、三島江公園の川辺りでやっと見つけました。
大小二つの「わんど」が有り、大きい「わんど」では釣りをされている方がたくさんおられ、きれいに除去されている様子で、小さい「わんど」ではたくさんのボタンウキクサを発見する事が出来ました。釣人の話では「わんど」は昔に比べ水量・堤防等の関係で少なくなったそうです。記事によるとボタンウキクサが水面を覆うと水中の植物や植物プランクトンが光合成できずに減少し、それらを餌にする動物プランクトンも少なくなる。結果川に生息する魚の餌が減り、生態系にも影響が出るとの事でした。現在は発芽して間もない5〜6月頃から取り除き始める手法で減少してきているそうです。
我々の知らないところで色々ご苦労されている様子がわかりました。

処置(意見・感想等)

今月もモニター報告ありがとうございます。
淀川の「わんど」は城北わんど群が有名ですが、高槻出張所管内では他に摂津市鳥飼の河原樋門付近に少しあります。
「わんど」は明治時代に設けられた水制工に土砂が堆積して出来たものです。近年河川改修工事により高水敷が冠水することが減った事からわんどの数も減少しました。
しかし、「わんど」が川の浅瀬に住む多くの生き物のすみかとなっていることから、現在では高水敷を切り下げ「わんど」を再生しようとしています。三島江地区においても切り下げを行っている箇所がありますが、切り下げた事によりどのような生物が生息する様になったかを実験調査中のため現在は立入禁止となっています。
ご報告にもありましたように数年前から「わんど」にボタンウキクサ等の外来種が入り込み、生態系を乱すおそれがあるため淀川河川事務所では駆除に取り組んでいます。なお、ボタンウキクサは「特定外来生物」に指定されているため栽培・保管・運搬が原則禁止となっていますのでご注意下さい。

▲ページトップへ戻る

2月

通報内容(要旨)

2月24日(水)
先週は寒かったのですが、今週に入ってから暖かい日が続き特に今日は20.5℃と4月中旬頃の暖かさとの事です。
堤防上はジョギングや散歩をする人たちを多く見かけました。
昨年12月24日付のモニターレポートでブルーシートで生活されている方の事を年末・正月を迎え寒くなるのにどの様に過ごされるのでしょうかとレポートしましたが、2月2日付の毎日新聞の夕刊にホームレス巡回の記事が掲載されており、淀川河川事務所では平成7年より独自にホームレスの巡回ケアを続けておられるそうで退去指導に終わらせず人権への配慮・健康状態などのチェック・体調が悪い人や施設への入所などの相談等をされているとの事ですこし安心しました。
ただ摂津公園の川辺近くで今日も見かけた1箇所のブルーシートの近くにごみやがらくたを積み上げているのを見かけ感心出来ませんでした。

処置(意見・感想等)

今月もモニター報告ありがとうございます。
日増しに暖かくなり春の訪れを感じる今日この頃です。
ホームレスの方の中にはごみや回収してきた廃品等をテント周辺に置いておかれるケースが少なくありません。衛生状態の悪化や他の河川利用者からの苦情といったことが懸念されるため、巡回の際にはテント周辺を片付ける様にお話ししているところです。
巡回の成果かどうかはわかりませんが、淀川で生活されているホームレスの人数は減少傾向にあります。これからもホームレスの方が適切な支援を受けて住まいを得られる様に福祉関連部局と連携して対応していきます。

▲ページトップへ戻る

3月

通報内容(要旨)

3月21日(日)
先日、水防団の集会が有り、その席である人からくらわんか舟石碑近くの堤防上が雨が降った後水たまりが多く困っている、又その近くの堤防から淀川に降りる際、階段が無い為土のうを積んであるが凸凹で危険で有り、けずれている為洪水の際大丈夫か心配であるとの事でした。又通りがかりの黄色の車、パトロール車と思われますが、お願い相談したそうですが改善策はもらえなかったとの事でした。
本日確認に出かけました。現場の石碑前は昨日の雨でかなりの水たまりも有り、ジョギング、犬の散歩、自転車での走行されている方々も困っておられる様子でした。また堤防から淀川へ降りる坂道も足を取られて怪我もしそうです。
鳥飼仁和寺大橋からさぎうち橋の堤防上はほぼアスファルトで、淀川新橋から三島江公園の区間のみジャリ道となっており水たまりが出来やすいのだと思います。
堤防から淀川に降りる際の階段は京阪ゴルフ場の階段から三島江公園までの淀川へ昇る階段・道路は3ヵ所ありますが、降りる階段がなく人々が昇り降りして自然に出来た通路です。
なんとか改善できないものですかネ。お願いします。

処置(意見・感想等)

今月もモニター報告ありがとうございます。
三島江公園付近から淀川新橋間の堤防天端は、ご指摘の通り現在舗装されていません。高槻出張所管内では他にも同様の未舗装区間があり、予算面の都合もありますが、今後徐々に整備していく予定です。
新規の階段設置については地元自治体又は自治会等から具体的に階段の必要な理由・場所等の要望があればお聞きした後、関係部局と相談していく事になります。
また自然にできている坂路ですが、日頃巡視で危険がないかは点検しております。坂路の土のうは人が頻繁に通るために堤防の法面が掘られたため設置されたものです。
ご不便をおかけしますが、危険でもありますので、なるべく既存の階段や進入路を利用していただきますようお願いします。

▲ページトップへ戻る

4月

通報内容(要旨)

4月30日(金)晴
4月23日高槻市生涯学習センター内に於いてたかつき水辺百景展が有り、見学する事にしました。
摂津峡・芥川・淀川を中心とした日本画・洋画・俳画・写真が展示されており別の角度から淀川を見る事が出来ました。
又受付で頂いたパンフレットでは6月5日淀川発見講座が枚方で行われ、淀川のなりたち・淀川探訪の受講が出来るとの事で出来れば申込み参加してみたいと思います。
 昨日からゴールデン・ウィークに入りやっと春らしくなってきました。
今日は三島江・鳥飼公園の管理人の方々に聞いてみました。
特に大きな破損事故等は無いとの事ですが、共通してお聞きした事はゴミ・野犬・ゴルフの事でした。
ゴミに関して三島江地区では投火灯近くに於いてヘドロ・カン・ペットボトル・食べ残し・たばこの吸いがら等が2年間に渡り定期的に投棄されているとの事です。
又鳥飼地区ではバーベキュー後のゴミの放置が多い様子です。管理人の方々が処理されているとの事です。
今回巡回中、三箇牧揚水機場近くに唐崎地区自然再生工事3月20日〜7月12日までとの事で看板が立ち、ショベル・カーも置いて有りました。淀川生態系の延長工事かと思われますが、なにが出来るのでしょうかネ。

処置(意見・感想等)

今月もモニター報告ありがとうございます。
「たかつき水辺百景展」は当所の河川レンジャーの方が主催されたものです。高槻の様々な水辺を知っていただく事ができれば嬉しく思います。「淀川発見講座」へも是非お越し下さい。
 河川公園ではゴミについては持ち帰りをお願いしていますが、残念ながら放置される方もおられます。これから暖かくなり公園へ出かけられる方も増えてきますので、マナーを守って気持ちよく利用していただければと思います。
 「唐崎地区自然再生工事」は高水敷を切り下げ“わんど”を再生する目的で行われます。今回の工事は第一段階として土砂の掘削と伐木を行います。当該工事が終われば第二段階として本格的に“わんど”も含め完成する予定です。
工事期間中は重機が入り危険ですので、ご不自由をおかけしますが付近に立ち入らない様にお願いします。

▲ページトップへ戻る

5月

通報内容(要旨)

5月29日(土)晴
5月15日(土)に淀川右岸水防事務組合による年に一度の淀川筋水防訓練が有りました。
 上は島本区から下は西淀川区で45区約500人が受持ち区で水防の訓練をされました。
 我々三箇牧第二水防区も水防工法の基礎材料で有る土のう作り積土のう工(前列10袋4段積控え土のう3段2段)に挑戦し完了しました。実際にこの様な作業をする様な事が起こっては困りますが、毎年色んな工法を教わっています。
 5月も終わりだというのに先日まで肌寒い日々が続きましたが、今日は暖かです。本日は取り合えず自治会でもゴミ捨てが多いとの話題のあった淀川新橋の下、旧鳥飼高校近くの確認に行きました。近くに不法投棄の看板が淀川工事事務所国土交通省近畿整備局の名前で立っており、以前はテレビ・冷蔵庫等の家電製品や家具等が沢山捨てられていた場所ですが、今日は酒箱にゴミを詰めた箱6箱だけ捨てられて有りました。いつになれば無くなるのでしょうか。
 担当コース1週して見ましたが、特に変わった出来事は無い様子です。ただ一つ百円橋以南の堤防脇にシートがかかっているのが目につきました。鳥飼公園堤防の延長で芝生の育生でもされているのでしょうか。我々の住む近くの堤防の状態に比べればうらやましい限りです。

処置(意見・感想等)

右岸水防事務組合の水防訓練に参加された様子をご報告頂きありがとうございます。
堤防の改修が進んだ淀川下流部では水防団が出動される機会は少なくなりましたが、このような訓練を通じて水防団が地域を水害から守っておられることを知って頂けたらと思います。
 淀川新橋の下は橋梁管理者が管理していますが、道路・川を問わず心ない人による不法投棄が後をたちません。ゴミを片付けた後にまたゴミを捨てられる様な状況が続いています。
 鳥飼仁和寺大橋下流側は堤防強化工事を行いましたので、工事後法面の土が崩れるのを防ぐためシートを設置しています。このシートは雨で溶けて土を抑え、そこに自然に草が生えてくるのを待っているところです。

▲ページトップへ戻る

6月

通報内容(要旨)

6月28日(月)
本日は主として先日柱本自治会報にも有りました淀川河川敷での野犬・ゴルフの練習に関し、野犬は保健所が捕獲した模様、ゴルフ練習については禁止を徹底する様公園事務所へ申し入れたとの事で確認して見たいと思います。
JAが選ぶたかつき百景の「くらわんか舟発祥石碑」はいつも周りが草木で茂っていますが、先日自治会員の皆様方のお陰できれいにされていました。
野犬に関し、昨年の11月のレポートで鳥飼公園に3匹、ゴルフ場に3匹、揚水機場に4匹確認しましたが、今日は保健所捕獲の効果かゴルフ場内に1匹だけ寝そべっているのを確認出来ただけでした。
ゴルフ練習に関しては蒸し暑い平日の昼という事もあって、一人も見かけませんでした。
昨年9月にレポートした淀川新橋の橋桁のラクガキが今日又消された上に新たに確認出来ました。
昨年8月にレポートした三島江公園、揚水機場近くの大きな木や蔦がおい茂り森林の様と書きましたが、寒い間は木や蔦も枯れていましたが、今日樹林がおい茂っています。
 6月3日付の毎日新聞に「淀川物語17」として河川内の樹木伐採として写真入りで紹介されていました。
平成6年度から台風や大雨の際に民家や橋を破壊する「凶器」になる流木との事で伐採事業に本格的に着手されており、木の新陳代謝の低下する10月から4月に行っているとの事です。
伐採した樹木はゴミとなっていたが、再利用の試みとしてガーデニング・キノコ栽培・まきストーブ・たき火として再利用されているとの事ですが、伐採量の全体の4%に過ぎないそうです。もっと再利用出来たらいいですネ。

処置(意見・感想等)

今月もモニター報告ありがとうございます。
 「くらわんか舟」は対岸の枚方市において有名ですが、「くらわんか舟発祥碑」が高槻市にあることは余り知られていないかもしれません。地元の皆様で清掃して頂きまして有り難く思っております。
 伐採した木の再利用ですが、河川内に生えている木はヤナギ等の幹が細い樹木が多く、再利用方法を色々検討していますが、大量に処分出来る良い方法がないといったところです。現在は伐採した木を小さく切って希望者に配布しています。
 野犬・迷惑ゴルフ・施設へのラクガキ等、すぐに解決に至らない問題も多いですが、地域の方の見守りと共に少しずつでも減らしていく事ができればと考えています。
 今回で伊庭様のモニター報告は最後となりますが、1年間ありがとうございました。
これからも淀川を見守っていただけますよう、よろしくお願いします。

▲ページトップへ戻る

menu   menu  
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)