平成19年度河川愛護モニターレポート

河川地図
8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月
レポート
 
8月  
通報

8月27日火曜日久し振りの曇り空、朝涼しく爽やかです。
朝5時30分自転車で家を出発、受持ち区間淀川左岸大阪府と京都の境界から穂谷川、少し延ばして天の川河口まで走ってみました。
大谷川の橋本橋を渡り京都守口線を南下、途中小金井橋から緊急避難道路に入ると秋の虫の音が一斉に聞こえてくると秋の気配をかんじました。樟葉パブリックゴルフ場の裏側(西)をゆっくりとペダルをこぎ、風が頬をなぜるように気持のよい朝です。しかし気持のよい風が吹いているけれど道路の両側は背丈よりたかい雑草が被っており、コースは時々見えるが川面は全く見えません。この道路は一般車両の進入を禁止している関係でさすがにゴミの不法投棄はされていませんでした。又個人の持込むペットボトル、弁当箱の残骸等は見受けられません。ただ少し目についたのが高圧線鉄塔下に張ってある二張りの青テントです。これもよく見なければ雑草に囲まれ見逃してしまうくらいです。
 穂谷川をこえて更に南下すると川面がよくみえるようになって中洲がみえてきた、中州には沢山のカラスが下りているように見えたがよく見ると古タイヤが砂の中に半分埋まったりして点々としている。ざっと数えてみたが30本くらいある。これは撤去できないものですか。いずれ水量が多くなった時に下流へ大量のゴミとなってどこかに溜まると思います。
河川敷道路をさらに南下すると途中出逢う人(散歩、ジョキング)が多くなる。人が多くなればゴミも多くなるだろうと思いきや落ちていない。大きなビニール袋に缶、ペットボトル等をいれて木枝にぶら下げてあるのが目についた。
 天の川河口についてみると10人ほどが釣り糸を垂れている。水の落ちているところに小魚が群れており草むらが少しゆれたと思えば大きな亀が2匹も出てきた。体長は35cmから40cm位はありそうだ。会議で貰った資料を見ると,ミシシッピアカミミガメだとおもいます。


処置

モニター報告ありがとうございます。
中州に存在している古タイヤですが、上流から洪水等により流されてきたものを、ボランティアの方が一箇所に集められたようです。
近いうちに、当方にて収集・処分をする予定です。
また、緊急河川敷道路の穂谷川〜磯島周辺は、ボランティアの方がゴミ拾いをしてくれていることを把握しています。そのため、比較的綺麗なのではないでしょうか?
また、鉄塔下のホームレスについてですが、大阪府の福祉関係と連携を図りつつ、是正に向けて動いていますが、強制的に排除は出来ないため、なかなか前には進んでいない状況です。


線
9月  
通報

9月14日曇りのち晴れ
午前9時30分涼しい朝を迎え絶好の河川敷巡り、曇り空で巡回日よりと思い出発したが30分程で薄日が差してきて異常なほどの蒸し暑さになりダイエット効果満点。
今回も小金井橋から河川敷緊急避難道路に入り、ゆっくりと自転車のペダルこぎ周囲を見渡しながら南下した。道路の両側は相変わらず背丈より高い雑草が生い茂っており、川面、堤防(京都守口線)の両方ともみえない状態です。しばらくすると樟葉ゴルフ場が見え隠れするようになりゴルファーが大汗をかきながらプレイをしている。
周囲の状況はなんら変わりはなく、途中通行止めの柵がしてあったので説明書きを見たが、崩落箇所あり、とのことであったが地図も小さくて少し見難いので現在地を示してはどうかとおもいました。
 淀川の左岸で9月の始め頃小学生が魚釣りをしていて足を滑らせ深みにはまり命を落とすといった痛ましい事故がありました。どの辺りだったのでしょうか。最近淀川では珍しい事故だと思いますが危険箇所になっていたのですか。
今回もまた天の川河口まで行き堤防の上を北上しました。上からゆっくりと遠くを見渡しながら自転車のペダルこいでいるのですが、堤防上とその周辺には放置されたゴミ等はありませんでした。途中止まって望遠鏡で川の方向をみていると、サイクリング、ジョキング、散歩する人に声を掛けられ、何を見てるんですかと言われ説明をすると、ごくろうさんです頑張ってください、と励まされ嬉しい気持で終われた午前中でした。
次は歩いて回ろうと思います


処置

モニター報告ありがとうございます。
樟葉地区の崩落現場の件ですが、8月29日の河川巡視において発見し、急遽安全対策のため通行止めの処置を行っています。
看板等が見にくい事については申し訳なく思っております。
復旧工事については、10月中には完了する見込みです。
水難事故の件ですが、場所は枚方市樋之上町地先で、府営樋ノ上住宅の正面の河川内で発生しました。
現場が特に危険な場所であるという認識ではないのですが、浅瀬から急に深みとなっている箇所が淀川には多数あるということです。
こういう痛ましい事故が今後無くなるように、「川は急に深くなっている所がある。」という内容の注意喚起看板を現地にはもちろん、枚方出張所管内の同じ様な場所に建てています。
愛護モニター活動を通じて、地域の方々などに「川は急に深くなっている」ような場所もあるんだよというような啓発活動に努めていただければ有り難いです。


線
10月  
通報

10月24日晴れ(快晴)
前日の天気予報によれば25日から雨模様と言うことでこの日、朝から徒歩で行く事に決定した。
いつも通り小金井橋からスタート。8時30分出発周りの風景は前回とあまり変わらず相変わらず雑草がおおっている。川原の方に行ってみたいが入る道がない葦の先から穂が出て頭を下げている。これも群を成しているときれいなもので季節を感じるのです。ススキの穂も出揃い一層秋らしくなってきましたが、気温の方はまだまだ上がりっぱなしで顔に汗が流れてきて気分は真夏です。残暑はきびしいですが河川敷の草も少し色ずいてきている物もあります。その草のおおい茂っている中からかーん、かーんと音がするので覗いてみたら葦にネットをくくりつけ、それにめがけてゴルフの打ちっ放しの練習をしている人が居ました。暑いのにもう少し風のすく所でやったらいいのになあと思いながら、よう声をかけんかったです。
樟葉ゴルフ場沿いに歩くと河原の見えるところに、わんどの作ってある場所がある。その場所に行って見ると、8人の人が釣りを楽しんでいる。何が釣れるのか暫くの間見ていたがいっこうに釣れる気配なし。その、わんどですが、石を敷き詰めて作ってあり水はどのようにして入ってくるのかとおもいながら南へ下った。舟橋川の河口の方に行ってみたところ花束が花瓶にいれて飾ってあるのでその下で釣りをしている人に聞いたところ、夏に子どもが遊んでいてそこから流された場所であると聞いて思わず手を合わせました。川の中を見れば手前は浅いんですが少し中へ入ると急に深くなっていて水の色も変わって流れが大変速くなっている。ここにはまれば一気に流されてしまうのが分かるが子ども達は遊びに夢中になり水の色の変化も気がつかなかったんでしょうね。大人の私達にも魚釣りに夢中なっていれば浅瀬と深場の境目に気がつかない場合があると思います。それで思うのですが川の中の浅瀬に『これ以上危険』といったような看板を打ちつけたらいかがでしょうか。話しは元に戻りますが魚釣りをしている人に何が釣れるのか聞くと(川モロコ)です。美味しいんですよ。と即座に答えが返ってきた。今度私も一度やってみようと思いました。
元の道路に戻り穂谷川方向に歩き出すと鴬が鳴いていました。季節はずれの声を聞いて鴬も暑さでボケてきたのかと笑ってしまいました。穂谷川に着いて橋の上から河口を見れば水は綺麗で段差のあるところでも泡がたっていないので生活廃水が入っていないみたいで嬉しく思ってしまった。
今回は徒歩であり穂谷川でユウターンをして、もと来た道路を引き返した樟葉ゴルフ場まで来て京都守口線に出て北上した。樟葉駅までは歩道があるんですが、それを過ぎるとなにもない。左側の路側帯に沿って歩いてみたが堤防の上まで雑草が伸びて歩きずらい。これは京都府の管轄ですか。
今回は歩いてみて大変でしたが色々勉強になりました。


処置

モニター報告ありがとうございます。
ゴルフの打ちっ放しを見られたとのことですが、ご存じかもしれませんが、河川敷では、ゴルフについては危険行為ということで禁止しています。草むらの中に隠れてされている方も多く、なかなか全てに注意できていない状況ではありますが、引き続きゴルファーに対して注意を促していきたいと思います。
ワンドについてですが、川の前面に石を並べていますが、水がたまっている部分からは淀川の水がわき出ている状況です。また、淀川の水位が高くなれば石を乗り越えて水が入ってくることとなり、その時に魚たちもワンドに入ってくるような構造となっています。また、11月下旬頃から、ワンドをまた新たに作る工事が始まります。工事に際しては、ダンプトラックが1日何十台と走行することとなりますが、安全には十分注意して作業に努めていきますので、何かございましたら御一報下さい。
水難事故についてですが、看板については「川には深いところがある」という内容の看板を立てております。川の中にどうかという話ですが、洪水があった場合流される、また洪水の際にゴミ等が引っかかり流水の阻害になる可能性もあり、川の中に立てることは考えておりません。この前立てた看板については仮設であり、本設の看板については、現在作成中で年内には出来上がると思います。
堤防の上の道路についてですが、管轄は大阪府域は大阪府枚方土木事務所となっています。京都府域については、京都府山城北土木事務所になります。
これから寒くなっていきますが、よろしくお願いします。


線
11月  
通報

11月27日午後2時出発
本日曇り空、気温もあまり下がらず自転車で走行するにはもってこいの天気だ。秋も深まり紅葉も真っ盛り河川敷のススキの葉も黄色く色着いている。雑草も夏ほど勢いがなくなりつつずいぶん背丈が低くなってきて自転車に乗っていても向い側の堤防が少し見えるようになってきた。
以前崩落した箇所も補修工事も終わって綺麗になっていた。また35キロ付近で行われようとしているワンド工事の為、綺麗に伐採除去された雑草、葦や潅木を取るのは大変だったと思いますが見晴らしが良くなりました。その場に集めてあるプラスチックの桶みたいな物や木にひっかかってる青テント、これも人の持ち込んだ物や流れてきた物だろうと思います。
以前事故のあった場所に立ち寄ってみました。やはり花が飾られていました。家族の方にとっては忘れられない所だと思います。それなのにその水際に単車が一台捨てられていました。
舟橋川をこえたあたり31キロ付近に枚方市のグラウンドがありますがここでゴルフの練習をしている人がおりました。他に1人だけボールを投げて遊んでいる人がありました危険ですね。
穂谷川までは先月となんら変わらずゴミもなく綺麗なものです。少し足を延ばして天の川まで走ることにしました。穂谷川を少し越えた辺り緊急道路の西側に焚き火をした後があったので見に行きました。今の季節雑草が枯れてきて燃えやすくなっていると思います。その少し離れたところにボランティア臨時ゴミ集積場があり沢山のゴミが置かれていました。
以前この辺りはボランティアの人達が清掃をしていると聞いてたのですが、まさしくその人達に出会いました。3人の男の人が、ゴミ袋を持って歩いておられるのを、しぜんと「ご苦労さんです」と声を掛けました。
天の川でユーターンをして堤防の上を北上しました。両側は牧野ゴルフ場まで綺麗に刈取られおりゴミ一つ放置されていませんでした。途中その草刈りをし機械を止めキャタピラの間に絡んだ草をとってる人と話しをしていると、雑草が覆い被さっている間はゴミがないように見えるが刈り込んでいくうちにいろいろな物が捨てられている、特に自転車の車輪を巻き込んだら大変ですとの苦労話しを聞きました。
帰る途中先ほどのボランティアの人達と出会い挨拶を交わすと笑顔が返ってきて気持ちよくかえれました。


処置

モニター報告ありがとうございます。
崩落箇所については、おかげさまで、11月9日に完成しました。
ワンド工事は12月中旬頃から掘削作業に入る予定で、早ければ年内に土砂の運搬が始まります。
そのため、ダンプトラックが1日100台程樟葉から枚方までの間、河川敷を走行することとなりますので、安全には十分注意して施工にかかりますが、何か問題がありましたらお知らせ下さい。
水難事故現場に放置されているバイクについては、引き揚げて処理します。
河川敷でのゴルフについては、パトロール等で発見した場合注意はしていますが、いたちごっこの状態となっています。しかし、引き続き注意指導を粘り強く行っていきます。
ボランティアの方が集められたゴミについては、当方の作業で定期的に処理をしています。
12月初旬頃に管内全てのゴミの収集を行う予定です。
草刈りの作業員が言ってますとおり、本当にゴミがあらゆるところで捨てられているのが現状です。 モニター活動等を通じて、河川利用者のモラル、マナーの向上に繋がっていけばと思います。
これからどんどん寒くなってきますが、体調には十分配慮されてモニター活動をよろしくお願いします。


線
12月  
通報

12月20日(曇り)10:00
今年も残り1週間となり、何もしないのにあわただしくなってきました。1年が早いものですね。12月というのに暖冬で巡回をするのには丁度いい気温で自転車で気持ちよく回れました。
いつものように小金井橋から緊急道路を南下周りの雑草も枯れ初めて勢いがなくなり、特につる性の草はぺしゃんこになっており大きな雑草も落葉して川向こうの景色がよく見えるようになりました。
途中ワンド工事の関係車両と何度もすれ違い、またバードウオッチングをする人に沢山出会いました、冬になり草木の落葉があり捨てられたゴミなどが随分と目立ってくるのではないかと思いゆっくりと自転車を進めましたが意外にも捨てられていなかった、そのかわり目だってよく見えたのが青テント生活者の生活状況がよく見えるようになった。いろいろの物を集めて置いてあったり自分の出したゴミが置いてあったり、かなり見苦しいところもあった。
舟橋川の河口まで行こうとしたが川の上から望遠レンズをつけたカメラで河口近くにある小さな池の水鳥を撮影するシャッターチャンスをねらってる人が10人程居たので河口まで行くのはやめました。
穂谷川に到達するまで何ら変わることなく進みました。穂谷川に掛かる小さな橋の上から下を見るとペットボトルやインスタント食品のカップ等が散乱してあったので下りて見てみると流れ着いた物でなく人が捨てた物だと思います。穂谷川を過ぎて南下し天の川まで行く間にかなり沢山の人達が散歩を兼ねてバードウオッチングをする姿を見ました。
天の川で折り返しもと来た道を帰ってくるとき磯島グランドの手前で標識の上に停まって鳴いてる小鳥を見つけました。ウグイスかなとおもったのですが少し大きく顔に縞模様がありました。ひょっとしたらウグイスかも、、、、、、
前回舟橋川手前のグランドでゴルフの練習をしている人を見かけましたが、今回もまた同じ人がやっておりました、毎日しているんでしょうね。
小金井橋まで戻る途中堤防を見るときれいに刈取られていました。見ていても気持が良いですね。でも上の道路の端は相変わらずです。今回は御幸橋まで北上しました。いつも車で走るだけで堤防の下をゆっくりと見ることはないのですが今度はゆっくりと見ることが出来ました。今河川敷で遺跡発掘調査が行われている36キロ付近だったと思いますが大量のペットボトル等が捨てられています。心無い人がいます。 ちなみにあの遺跡発掘調査は何の遺跡ですか。


処置

モニター報告ありがとうございます。
さて、ホームレスについてですが、以外と沢山の方が河川敷に住まれており、枚方出張所管内では約80名が居る事が分かっています。
外観的にも見苦しいのですが、河川敷に住む事は出水(洪水)時などに大変危険であり、巡視等により直接注意・指導など行っておりますが、なかなかに解決しない問題となっております。引き続き、河川管理者だけではなく市町村と連携して是正に向けて動いていきます。
ゴミの件ですが、河川利用者のモラルの低下によりあちこちにゴミが捨てられています。特に冬場は草が枯れていき、草に埋もれていたゴミが顔を出すので非常に目立ちます。当方の維持作業によりゴミの収集等を行っていますが、いたちごっこの状態となっています。
ゴルフについてですが、これもゴミと同様に河川利用者のモラルの低下によるものだと考えています。巡視等で発見した場合は注意・指導を行っており、注意・指導をした時は止めるのですが、巡視車が現場を離れると再度始めるというような状態になっています。報告にあがっている場所は枚方市の占用グラウンドですので、河川管理者、グラウンドの管理者である枚方市と連携して注意・指導を今後も行っていきます。
遺跡発掘調査ですが、この付近は伏見出張所の管轄となっています。
伏見出張所に問い合わせたところ、遺跡調査は「木津川河床遺跡」という埋蔵文化財があり、緊急用河川敷道路を施工するために発掘調査を実施しているとの事です。
なお、調査期間は今年度から3ヶ年間の予定で御幸橋までの区間が対象だという事です。調査終了後、御幸橋までの間の緊急用河川敷道路が整備される予定です。


線
1月  
通報

1月28日(曇り)
2008年1月も終わろうとしていますが今年初めてですのでどうぞよろしくお願いします。
10時出発今日は曇り空、寒さもやや和らぎここ2,3日前と比べると随分ましです。いつもどおり小金井橋から自転車にて河川敷を走行しました。この寒い冬のさなか誰も歩いている人は居ません。
小金井橋から穂谷川を過ぎ、牧野ゴルフ場の端まで行きユーターンをしました。この間に会った人は自転車に乗った人2人と青テントに住む住人ひとりだけでした。
勿論このような状況ですからゴミ等落ちているはずがありません。草木等が枯れて河原にいける通路が所々に出来ていたので、入りやすそうなところに入ってみましたが中州まではいけませんでした。これが夏場に入れたら沢山の人達も水辺で遊ぶ事が出来るだろうなと子どもの頃の木津川水泳場、八幡水泳場をおもいだし、もの思いにふけっていました。
自転車で走行してる間、湾ド工事の土を運搬するダンプが何台も追いこしていきましたが散水車で水を撒いた後でかなりの泥しぶきでした。以前穂谷川の河口に捨ててあった不燃物のゴミが綺麗になくなっていました、処理していただいたんだと思います。
帰り道綺麗に草刈りをされた堤防の上を気持ちよく走り樟葉から京都守口線を走りましたが、道路にはみ出た草が顔にあたり大変走りにくかった。これも大阪府、京都府の管理だから仕方のないことですね。出来れば言っていただければさいわいです。
1月レポートなにもありません、頑張ります。


処置

モニター報告ありがとうございます。
ダンプの通行で色々とご迷惑をおかけしているようで申し訳ありません。
出張所にもバードウォッチングの方々からダンプ走行に対して色々と苦情が寄せられています。
ご迷惑をおかけしますが、御協力よろしくお願いします。
京都守口線の除草については、事あるごとに申し入れておりますが、予算的に厳しいのかなかなか状況が変わりません。
再度、枚方土木には申し入れしておきます。
今後ともよろしくお願いします。


線
2月  
通報

2月21日(晴れ)
午後1時30分、寒い冬から急に抜け出した春の陽気に誘われ出掛けてみました。今日は午後から気温は上がると云う予報でしたが厚着をして出掛けたものだから自転車に乗っていると顔から汗がにじんできます。
河川敷、河原一面は枯れた雑草が覆っている。火災にでもなったら大変だろうなと思いつつ下からは若い新芽が伸びようとしている。この時期は枯れた河川敷の中に何本か人の通った路が出来ており川岸や中州まで入りやすくなっている。そのうち1番始めに小金井橋から緊急道路に入ったところのロータリーから川岸の方まで道がついていたので入ってみた。そこには河川敷の上から水面近くまで竹垣を作って蛇行した路がついているその上の方に色々な写真が展示するように掲げられ説明文までつけられていました。
これは誰かが趣味でかざしている物でしょうね。テーブルや椅子まで置いてあります。なぜこんなところでして居るんでしょうかね。今は草もなく向こう岸まで見渡せるがこれから夏に向って葦が大きくなり人も入れなくなると思うんですが、ちなみに対岸の大山崎のことについての説明もありました。
緊急道路に戻り南下、樟葉ゴルフ場西側のワンド工事も随分進んでますね。綺麗になってみやすくなりました。早くでき上がりが見たいですね。途中青テントも相変わらずそのまま、舟橋川の河口では何時もの様に7,8人の人が双眼鏡や望遠レンズをつけたカメラを構えている。何を見ているのかその方向をみてみたんですが鳥も何にもいませんでした。人が集まるところにはゴミが出るんですがそこには何も落ちていません、マナーがいいんでしょうね。
今回も穂谷川を南下して天の川を越え枚方大橋まで足をのばしました。途中サイクリングする人やバードウオッチングをする人に沢山出会いました。追い越していくダンプはゆっくりと走っております。
川には、かもめ,鴨、川鵜が多数浮かんでいてその横で魚釣りをしていた人が、それまで川べりに停泊をしていた船が動き出したとたん、大きくてを振って呼んでる姿を見てると川の中央に水面から飛び立とうとするが飛べないカモメを指差し助けを求めていました。船はカモメを助けると釣り竿のついた釣り糸がカモメの足に絡んでいるように見えました。こういった光景を見ていると嬉しくなりました。
帰りは元来た道を戻り小金井橋から上にはあがらずまっすぐ緊急道路を進みました。舗装道路が終わる手前35キロ付近に黒いごみ袋が3個捨てられているのが見受けられました。その他34,5キロ付近京都守口線の土手下でゴルフの練習をしている人がありましたがボールがそれて道路に出たら危ないと思います。


処置

モニター報告ありがとうございます。
河川敷の草むらの中で、色々とされている人が何人もいます。
中には、不法耕作や小屋を建てている人もおり(特に下流部ですが。)当然河川法に違反した行為ですので順次是正計画を立てて対応しているところです。
ワンド工事については、3月28日工期に向け着々と完成に近づいています。
下流側(5号ワンド)については、ほぼ完成し、現在上流側(4号ワンド)について鋭意施工を進めています。
まだしばらくダンプの走行など続いていきますが、御協力よろしくお願いします。
カモメの件については、当方にも連絡が入り救助してほしいとの事でしたが、現場に着いた頃には既に救出された後で間に合いませんでした。
河川敷に放置されているゴミについては、状況を見て回収しているところです。
今週中にも回収する予定です。
ゴルフについては、見つけしだい注意しているところですが、行為者も見つかりにくい場所を見つけたり、パト車が近づくとしていないフリをしてみたりといたちごっこになっていますが、今後も見つけしだい注意喚起に努めていきます。

今年度も最後の月となりましたが、今後ともよろしくお願いします。

線
3月  
通報

3月26日pm1時30分快晴
気温もうなぎ上りに上り自転車で走行するも春の風が気持ちよく頬をなぜてくれる、絶好の巡回日和です。
自転車に乗るも手袋は要らず、着衣は長袖の薄いシャツ、少し汗が出る程度で心地よい季節になりました。
堤防に出てみると親子づれ、夫婦、子供同士、色々な人達が堤防の斜面でヨモギを摘んだり草花を摘んだりして楽しんでいる。これは34キロ付近の堤防の斜面です。このように様々な人達が楽しんでいる場所も上は大きな車、等が走る京都守口線の道路です。運転手がハンドル操作を誤ればガードレールを突き破って落ちてくるかもしれません。これは私1人が考えている事かも知れませんが(ちなみに、管轄外かもしれませんが)ガードレールはどのくらいのショックに耐えうるものですか。
話しは元に戻りますが33キロ付近で雉が居るのを見つけました。今の時期餌を探すのも大変でしょうね。
しばらく南下をしてワンド工事の出来ているのを見に行きました。川は前日の降雨の為増水しておりワンドは見えず積み上げてある石の頭が所々に見える程度でした。ワンド工事は完全に終わったんですね。ワンド工事の行われたすぐ南の雑草の中に青テントやポリ容器、クーラーbox等が置かれていました。
いつものように32キロ付近の青テントをみて(このごろより一層目立っています)舟橋川河口にきましたがカメラマングループの姿は見当たりません。川の向こう岸に見える中州が水面下で何も見えないので誰もいないのでしょう。枚方グランドでは子供達が野球を楽しんでいました。勿論ゴルフをしているものはいません。
穂谷川の橋の上からじっと下を見ている人がいるので、なんですかと声を掛けて下を見ると増水した穂谷川の河口に200匹(概算です)の鯉がはらを見せたりバシャバシャとしているのを見ました。これは今鯉の産卵時期ではないですか。それとも川の増水で鯉が寄ってきてるのかなあと思ったりしました。
天の川まで行く途中カメラマン12人が道路の真中に望遠レンズをつけたカメラの三脚をゴルフ場のほうにむけてシャッターチャンスを待っていました。天の川河口でユーターンをして堤防上にあがり北上、途中堤防の左右を見てもゴミの放棄等はなくいつまでもこのような川であってほしいと思い巡回を終わりました。


処置

モニター報告ありがとうございます。
急に暖かくなり、体が気候について行けていない状況です。
さて、ガードレールの強度についてですが、管轄外ではありますが、私なりに調べさせていただきましたところ車両総重量25tの車が時速26kmでぶつかった場合でも突破されないものを設置するように基準では定められているようです。(詳しい事は担当外ですので、よく分かりませんが・・・)
ワンド工事については、無事完了する事が出来ました。
完了した次の日に増水となり、少し施工が遅れていれば、大変な事になるところでした。
穂谷川の鯉ですが、多分産卵時期なので遡上しているのではないかと思います。
毎年、この時期になると、穂谷川だけではなく天野川などでも大量の鯉が遡上しているのがよく見られ、「鯉が酸欠などで苦しんでいるのではないか」というような一般の方からの通報もあります。
気候が暖かくなり、沢山のカメラマンの方や散歩されている方を見かけるようになりました。
出たゴミを持ち帰っていただけるように、モニター活動を通じて啓発していただければ幸いです。

線
4月  
通報

4月21日快晴。指定された河川敷の区間を巡回しました。
天気はうなぎ上り21度まであがり長袖半ズボンといういでたちで出掛けました、何時もどおり小金井橋から河川敷に入り、今回は右に向けて走りました。
35キロ付近に以前に発掘調査をして埋め戻している場所がありますが、この所でモトクロスの練習をしているひとがおりました。

再度元に戻り南下、樟葉方面から舟橋川、穂谷川、天の川へと自転車を走らせました。
河川敷一帯の草や木は青い芽を吹いており、これからは大きくなって又川面が見えなくなるんだなあと思いながら走りました
川は2月にワンド工事を終えていましたが、増水のため創られたワンドは全く見えず、水がとうとうとながれています。
河原の草や木は若芽をいっぱいに吹き、春から初夏へと移り変わっていく様子がうかがえました。
草の背丈が伸び木の葉っぱが大きくなって又何もかも覆い尽くしてしまいます、その準備段階に入っています、ただ3月に報告したんですが
33キロ付近のワンド工事をした南側に捨てられていると思うんですがポリ容器が数個置いてあるのが目立ちました。

舟橋川、穂谷川河口まで自転車を走らせましたが、水量が多くいつものカメラマン達は見かけることがありません。

河口には数人の釣り人いましたが釣果はありません、まだ鯉の産卵がつづいているのか多くが群がっていました。
何時もどおり天の川河口まで行ってユーターンをして土手の上を走りましたが、菜の花が奇麗に咲き乱れ、散歩する人と多くで合いました、今回も堤防を走って帰りましたが何ら変わることなく終わりました。


処置

4月期の報告をありがとうございました。
4月より淀川河川事務所 枚方出張所に参りました加納と申します。
今後、お世話になります。よろしくお願いいたします。

5月となり、いつのまにか季節は春から初夏へ移りかけていますね。
とても散歩やサイクリングには良い季節となってきました。
私も、赴任当初のバタバタから少し落ち着いてきたところです。

さて、ご報告の中にありました 3月から報告いただいている下記の件についてですが、場所を確認し回収したいと思います。
場所を特定できなかった場合は、尾崎さまにお聞きしたいと思いますので、その時は、よろしくお願いいたします。


 >ただ3月に報告したんですが
 >33キロ付近のワンド工事をした南側に捨てられていると思うんですが
 >ポリ容器が数個置いてあるのが目立ちました。


また、モトクロスの練習については、35キロ付近の現地を管轄している出張所へ連絡させていただきました。


 >35キロ付近に以前に発掘調査をして埋め戻している場所がありますが
 >この所でモトクロスの練習をしているひとがおりました。

 

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

線
5月  
通報

5月26日快晴 気温28度
全く夏です、半袖半ズボンと言う出で立ちで出掛けました。朝10時というのに気温は28度暑い1日でした。
何時ものように小金井橋から自転車で走行、南に向いて走りました。
河川敷の葦や雑草は薄緑色から濃い緑色にかわり背丈も身長より高い物もあります。
自転車に乗っていても草木の途切れている場所からしか川の水面も見えなくなりました。
前日に降った雨のせいで水かさが増して川幅いっぱいになって、とうとうと流れていました。
4月に創られたワンドも端っこの方の石組されたところの一部分だけしか見えません。上流から流されてきた大きな木がワンドに引っかかって止まっていました。
前回に云いましたワンド横のプラスチックのごみは草に覆われて何も見えませんでした。
河川敷に生えている桑の木には大きな赤い実、黒く熟した実が沢山ついています又他の木も白い花を咲かせて河川敷に匂いをいっぱいふきかざしていました。
自転車で南下しましたが月曜日で樟葉、牧野ゴルフ場ともお客さんが少なく閑散としていました。
舟橋川の河口ワンドは増水の為随分上まで水がきていました。釣り人が6人竿を出していましたが釣果のほうはもう一つでした。
舟橋川を越えたところの枚方市もグラウンドで2人の人がゴルフの練習をしているのが目に付きました。
今回も穂谷川を越えて磯島グラウンドまで行きましたが、これといったものもきづかず堤防に上がって北上しました。堤防から京都守口線にでて走りましたが端っこの草刈りをしてくれたんですね。これで随分走りやすくなりました。35.4キロ付近に沢山の燃えないゴミが散乱していたのが目に付いたくらいでした。


処置

5月期の報告をありがとうございました。

桑の実がなり、夏に大分ちかづいてきましたね。私は、今年はじめて桑の実を食べたのですが、美味しいものですね。一気に桑の実ファンになりました。

 >河川敷に生えている桑の木には大きな赤い実、黒く熟した実が沢山つけています

 

さて、ご報告の中にもありました(3月から報告いただいている)ワンド横のプラスチックごみについては、以前にも報告させていただきましたが、これかなと思われるものを当方にて回収処分させていただきました。もし、また気になる事が出てきましたら、ご報告をよろしくお願いいたします。

また、草刈りについてですが、京都守口線の草刈りの担当は実は大阪府なんです。京都守口線ということで府道となり、大阪府の道路部門で管理しております。機会がありましたら、自転車で通られる方が喜んでいたとお伝えしておきますね。
蛇足ですが、国での草刈りは堤防の斜面や公園部分となっています。ゴルフ場の周辺はゴルフ場が担当。自転車道の周りの草刈りは、大阪府の担当となります。

 >堤防から京都守口線にでて走りましたが端っこの草刈りをしてくれたんですね。

 

近畿地方もいよいよ梅雨入りとなり、これから、どんどん夏にむかって暑くなってきます。体調には十分ご配慮下さい。
今後とも、よろしくお願いします。

 

線
6月  
通報

梅雨の季節の合間、朝から曇り空。天気予報は午後から雨という事で、朝9時30分自転車で出掛けました。
朝の内は涼しいということですが、体感温度は夏。自転車に乗っていてもさほど涼しさは感じません。
今回は橋本橋の方から入りました。京都守口線を南下。道路の上は草刈りがしてあって走行しやすくなっています。小金井橋から何時ものように緊急自動車道に入り、河川敷を走りました。両サイドの草は背丈を越して川面や京守線は見えません。小鳥の鳴き声のみ頻繁に聞こえてきます。樟葉ゴルフ場にかかり右手に川が見えてきました。今日は水の量が大分減っており、ワンドがはっきりと見えました。出来上がってみたのは初めてでした。
釣り人が二人釣りを楽しんでいました。以前に釣りをしているのを見たのはワンドの出来る前だったと思います。

ワンドを越えて南下しましたが、草が大きくなり土手のしたの川原は草が生い茂っており、地面など全く見えません。途中、鉄塔の下に住んでいるアオテントもさらりと流したのでは見えません。ゴルフ場のプレイヤーも声はすれども姿見えずです。舟橋川まで来てやっと前が開けてきました。川の水も減り川の中央に少しだけ中州ができていました。双眼鏡で見ると鳥が三羽休憩をしています。何時もこの付近では釣り人やカメラに望遠レンズをつけた人達が多数みられるのですが、今日は釣り人二人だけでした。舟橋川を越えて穂谷川までの間、人に会ったのは自転車に乗った人が1人だけでした。勿論ゴミなどが落ちているはずがありません。

穂谷川をすぎて天の川まで南下しましたが、穂谷川を越えたとたんに散歩している人やサイクリングしている人に出会うようになりました。暫くして川の中州が大きく見えてきました。随分と水が減った証拠ですね。その横にワンド工事がなされた黒いものが綺麗に並んでいます、その中には随分砂が溜まるんですね。
牧野ゴルフ場を過ぎて、磯島グランドの前まで来た時、土手の草刈りをしている人がありました。夏場にも土手のくさかりをしましたかね?刈っていただければ非常に結構なことですね。

帰り道、いつもどおり土手の上を走行しました。土手の上から下まで綺麗に刈取られている場所もありましたが、時々残っている場所もありました。牧野ゴルフ場のよこは全部刈取られていました。あの部分はゴルフ場の受持ちになるんですか。樟葉ゴルフ場もですか。そうすればいいのになあーと思いなが帰路につきました。


処置

6月期の報告を、ありがとうございました。

さて、ご報告の中にもありました小金井橋より下流の緊急道の草ですが、だいぶ背丈が高くなって来ています。最近は高速度で走る自転車も増えているので、見通しよくするために、部分的に草刈りを行うように作業の調整をしているところです。(9月末には終われるかとは思っています。)

>小金井橋から何時ものように緊急自動車道に入り、河川敷を走りました。両サイドの草は背丈を越し
>て川面や京守線は見えません。

牧野の水制工の事かと思います。これは、水の流れを制御する為に(河川内航路などの水深を確保する等)、作っている物で、水制工の中には砂が溜まります。これが、そのまま溜まっていくと、いつかワンドになっていくのかもしれません。

>その横にワンド工事がなされた黒いものが綺麗に並んでいます、その中には随分砂が溜まるんですね


夏場(第2回目)の草刈りは、今月末から作業に入っていきますので、報告いただきました草刈りは、グランドを占用している枚方市さんが、草刈りをしていたと思われます。

>牧野ゴルフ場を過ぎて、磯島グランドの前まで来た時、土手の草刈りをしている人がありました。夏場にも土手のくさかりをしましたかね?

牧野ゴルフ場がある箇所については、牧野ゴルフ場の受け持ちです。楠葉ゴルフについても、同様になっています。楠葉ゴルフ場の所々に残っている箇所についても刈り取っていただくよう依頼しました。

>土手の上から下まで綺麗に刈取られている場所もありましたが、時々残っている場所もありました。
>牧野ゴルフ場のよこは全部刈取られていました。あの部分はゴルフ場の受持ちになるんですか。樟葉ゴルフ場もですか。そうすればいいのになあーと思いながら岐路につきました。

来月で今期の愛護モニター最後の報告となりますね。

それでは、次回の報告を お待ちしております。

 

線
7月  
通報

7月29日朝からうっとうしい空模様で雷が鳴り雨が降ってきました。昨日の大雨で又同じように降るのかなあと思いながら昼食をとり、空を見上げていると薄日が差してきました。少し涼しかったので川に出掛ける事にしました。
昨日の大雨で川はさぞかし増水しているだろうと思いきや、そう多くもなく樟葉ゴルフ場西側のワンドの石積されている頭の部分が全部綺麗に出ておりました。
真昼の1時30分緊急道路を自転車で走行していても誰とも会いません。又ゴルフ場を見ても誰もプレーをしておりません。朝から雷がなっていたせいもあると思います。
今回で最後の巡回となり、より丁寧に見ていこうとおもっても道路両サイドの草が完全に生い茂り、川なんて見えません。鉄塔下にあった青テントが無くなったんだなあと思って通過しようとしたんですが、引き返してみると薄暗い中にありました。これも見落とすぐらい木や草が覆い茂っているんです。
さらに南下してみましたが、何時も舟橋川河口でカメラを構えてる人や魚釣りをしている人に出会うのですが、今日は誰とも会いません。時間的なものもあるんでしょうが、勿論人も出会わなければゴミも捨てられていません。
牧野ゴルフ場の端まで行って堤防の上に上がりました。ゴルフ場の間は綺麗に刈取られ気持ちよく走れました。再度緊急道路に入り樟葉ゴルフ場の端から堤防に上がったんですが京守線に出る手前、車止めの門扉があるのですが、そのたもとに布団などが多数捨てられていました。先月は小さな物が1点だけあったのは覚えています。
京都守口線に出て北上しましたが、道路の上に草がはみ出て走れません。路側帯を完全にかぶっています。危なくて自転車小さなバイク等では走れませんので、大阪府の道路管理に云ってください。お願いします。
これで私の報告を終わります1年間有難うございました。


処置

7月期(最後)の報告を、ありがとうございました。

さて、ご報告の中にありました緊急道の草についてですが、6月期にもご指摘をいただいている場所ですね。いま、今年度2回目の堤防除草を下流から上流に向かって進めているところです。前回のメールにも書かせていただきました予定でいくと、やはり9月末頃になる見込みです。できるだけ、早く終われるようにしたいと思っています。
>より丁寧に見ていこうとおもっても道路両サイドの草が完全に生い茂り、川なんて見えません。鉄塔下にあった青テントが無くなったんだなあと思って通過しようとしたんですが、引き返してみると薄暗い中にありました。これも見落とすぐらい木や草が覆い茂っているんです。

京守線に出る車止め付近の投棄ゴミですが、以前からもゴミ捨て常習箇所となっており、看板を立てて啓発をはかっているところですが、効果があがっていない状況で、対策には頭を悩ませているところです。捨てられる方も、自分の家の周りには捨てないでしょうに・・・モラルの問題といえども頭が痛いところです。

>京守線に出る手前、車止めの門扉があるのですが、そのたもとに布団などが多数捨てられていました。先月は小さな物が1点だけあったのは覚えています。

京都守口線の草刈りについてですが、確かに、あそこは道路側に草が大分はみ出して来ていますね。車線の幅は広いですが、歩道がない場所でもありますし自転車で走るには危ないように思います。大阪府へは、伝えておきます。

>京都守口線に出て北上しましたが、道路の上に草がはみ出て走れません。路側帯を完全にかぶっています。危なくて自転車小さなバイク等では走れませんので、大阪府の道路管理に云って下さい。お願いします。

今月で今期の愛護モニター最後の報告となりました。月に一度の報告を続けるのには、それなりに気力が必要であったかと思います。本当に、おつかれさまでした。
モニター期間は終わりですが、今後も淀川へのサイクリングや散策は続けていただければなぁと思います。そして、気になったことがあれば、ぜひ枚方出張所や淀川河川事務所へご連絡いただければ幸いです。
今まで1年間、ありがとうございました。

 


線
menu   menu  
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)