平成17年度河川愛護モニターレポート

河川地図

7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月 | 6月 |


レポート
7月

7月23日(土)AM8:00〜12:00
コース 久御山町上津屋(木津川右岸6.0K)→上津屋橋(右岸)→(左岸)→八幡排水機場(2.2K)→木津川大橋(4.4K)(左岸)→(右岸)→伏見区淀生津(3.2K)(往復)→久御山町下津屋(5.2K)(堤防工事中に付き堤内迂回)→久御山町上津屋(6.0K)

1)夏休み始めての土曜日で通称流れ橋周辺に人出が多いと予想してたが、数名程度である。

  • 上津屋橋左岸 本流が左岸親水予定区に迫り、水量も増え、流れも速く、深みが多い。低水敷、水面共、川遊びは不可。危険と感ずる。完成絵図が掲示されているが、現況は大差あり
  • 川口用水樋門(4.2K)〜第二京阪道(5.5K)寄り州にランクル2台走り廻っている。
  • 八幡市川口運動公園(2.8〜3.2K)スポーツ占有グランドの移動トイレについて。2.8Kに一台のみ設置されているが3.0〜3.2Kのグランドを使用する人はすべて近くの草むらで用を足している。占用者に最低でも2基の移動トイレ設置を望む。
  • 第二京阪(5.6K)右岸側橋下にホームレス定住。・周辺に収集・放棄の物品散乱。
  • 上津屋橋(6.0K)〜佐山樋門上流(6.3K)右岸堤防、高水敷などにバーベキュー後のゴミ、花火のカス等のゴミ散乱。周辺の住民が収集、処理→車が簡単に入れるので侵入規制強化の要望あり。現況はゴミ捨て場化している。
    

7月30日(土)AM7:30〜10:00
 コース  久御山町上津屋(右岸6.0K)→上津屋橋→八幡排水機場(2.2K)まで往復

  • 久御山町上津屋(右岸6.0K) 若者5名水泳。かなり危険な水域。小さな中州にゴミ散乱
  • 7月23日(1)−Cトイレの件早急に手配されたい。本日も同様である。
  

2)7月30日(土)AM10:00〜PM1:30久御山町ゆうホール主催 木津川観察教室。川の流れの働きや岩石。生き物の観察(植田 植物野鳥担当)但し流れ橋付近、水流の関係で危険のため久御山町上津屋(右岸6.0K)よりやや上流河川敷に変更する。


点線

8月

8月16日 AM7:30〜11:30
コースは7月23日と同じ。復路は出来るかぎり水際での観察に努めた。

1)

  • 上津屋橋左岸 本流が左岸親水予定区に迫り、水量も増え、流れも速く、深みが多い。低水敷、水面共、川遊びは不可。危険と感ずる。完成絵図が掲示されているが、現況は大差あり
  • 川口用水樋門(4.2K)〜第二京阪道(5.5K)寄り州にランクル2台走り廻っている。
  • 八幡市川口運動公園(2.8〜3.2K)スポーツ占有グランドの移動トイレについて。2.8Kに一台のみ設置されているが3.0〜3.2Kのグランドを使用する人はすべて近くの草むらで用を足している。占用者に最低でも2基の移動トイレ設置を望む。
  • 第二京阪(5.6K)右岸側橋下にホームレス定住。・周辺に収集・放棄の物品散乱。
  • 上津屋橋(6.0K)〜佐山樋門上流(6.3K)右岸堤防、高水敷などにバーベキュー後のゴミ、花火のカス等のゴミ散乱。周辺の住民が収集、処理→車が簡単に入れるので侵入規制強化の要望あり。現況はゴミ捨て場化している。

2)

  • 左岸において、夏休みを利用して、親子参加の自然観察会などの活動情報は皆無であった。モニター区以外は積極的に行われた。
  

点線

9月

調査日 9月18日  am8:00〜pm0:30
コース  木津川右岸6k〜上津屋橋〜左岸〜御幸橋〜右岸6kまで

1)

  • 右岸6k 水際まで急法面を下り車が侵入。今後増えることが予想される。利用者の放棄ゴミが多い。
  • 左岸5.5k 第2京阪端脚下砂州。犬のゲージを積んだ車が乗り入れ。猟犬が放たれていた。
  • 左岸5.2k 堤防道路に車。農作業車ではなし。サイクリングやジョギングを楽しんでいる人が法面を遠慮しながら通行。
  • 左岸3.3k 解体単車と思われる大型ゴミが投棄されている。

A〜D 車の進入が主因と考えられる。有効な規制が必要と思う。

2)右岸3.3k

  •  河畔林が撤去されて水際まで行ける可能性が出てきた。撤去は治水管理上必要の為異議はなし。隣接の運動公園が返還され高水域から低水域までの利用可能なフィールドとして返還跡地を含んだ親水自然空間への組み込みが出来ないでしょうか?久御山町や地域住民を交えて整備や環境保全のあり方等の意見を交わす機会や場所が生まれる事を希望します。
  

点線

10月

調査日 2005年10月16日  am8:00〜12:00
コース 9月18日と同コース
季節や天候等に恵まれた関係か多くの人出があった。

1)

  • 左岸4.9k〜4.6k 堤外高水敷にモトクロスサーキット(オートバイ)が新しく走り回っている。これらの車を搬入する車両はすべて大阪ナンバーであった。侵入路は堤外地のゲートより行われている。堤外農耕者は見あたらず、ゲートの鍵の流失が予想される。
  • 左岸4.8k堤外敷大型ゴミ、多量に投棄されている。

2)

  • 右岸4.0kより下流の運動公園、返還ゾーンの活用について意見交換の集まりを9月27日久御山町役場に申し込みを行ったところ10月12日久御山町ゆうホールで第一回会合がセットされた。
    出席者 久御山町役場 ゆうホール 宇治川河川レンジャー 地元町民日本野鳥の会京都支部 小生 尚 会合の内容については宇治川河川レンジャー松岡徹氏にお問い合わせ下さい。
  

点線

11月

調査日  2005年11月23日   am9:00〜pm1:00
小春日和の穏やかな祭日となったが予想外に人出は少なかった。
コースは10月16日と同じ。

1)

  • 左岸5.3k ホームレステント周辺のヨシ、オギ群原が大きく刈り取られて拡大している。
  • 左岸4.9k〜4.6k堤外高水域、モトクロスサーキット場が進行し、バイク道がついたりして荒廃が進んでいる。そこに生息する動植物にはかなりの影響を受けているのではないだろうか。
     例)従来認められたウグイス、ホオジロ、キジ、モズなどの留鳥類又越冬のため渡来したアオジ、カシラダカ、オオジュリン等の冬鳥が当エリアで確認できなかった。
  • 左岸3.4k 堤防法面 園芸用(?)廃材の投棄あり。
  • 右岸2.6k ラジコン飛行の離着陸のため空地化している近辺で、真新しい使用ずみ空薬きょう3ケが見つかった。 11月24日久御山町在住の方より連絡あり。 毎回同様な要望ですが モトクロス車の搬入や車で運搬して投棄されたと考えられるゴミがあります。 堤外への車の乗り入れ、特に堤防道ゲートの鍵管理方法について再考をお願い致します。

2)

  • 運動公園返還地(久御山町隣接)で冬季自然観察会(バードウォチング中心)を催すことについて久御山町ゆうホールと打ち合わせを行った。日時は調整中。
  

点線

12月

調査日 2005年12月24日(土)am9:00〜pm13:00
雪が混じる強風の土曜日にもかかわらずウォーキング・ジョギング・サイクリング等を楽しんでいる人が多かった。寒風ためか、堤防道路より堤外に下りて風が比較的当たらない所を歩いている人も見られた。
コースは11月16日と同じ。

1)

  • 左側 5.4k周辺
     銃使用による狩猟が行われており110番にTELをする。八幡警察署よりパトカーの出動あり。この堤外では銃禁地区でないため不法行為ではないとの事であったが、強風をさけてウォーキングをしている人や、第2京阪橋下の工事関係者の道路が真近のため銃の使用には万全の注意を行う様、狩猟者に警告をしてもらった。
     対岸(右岸)の工事関係者も充分注意されたい。一般住民や農耕者が自由に親しめる場所が狩猟地となっている事は課題である。冬期は親水エリアとして適してないと思う。
     調査コース全体に大型ゴミ投棄は少ないが、こまごまとした小〜中型ゴミは相変わらず多い。

2)

  • 右側 3.5〜3.6k 運動公園返還地跡
    ベニマシコ・カシラダカ・アオジ・ジョウビタキ・シメ・タゲリ等の冬鳥と絶滅危惧U類のオオタカの姿とアリスイの声の他、留鳥12種が出現した。
  

点線

1月

調査日   2006年1月22日  am9:00〜pm1:00

連日の寒波がゆるみ、平年並みの天気となり堤防道路、河川敷等の人出は多かった。

左岸 4.6〜3.8 (木津川大橋付近)
歩行者、自転車専用道に一般車の侵入が多くスムースに通行出来ない。渋滞ができている。

左岸 5.4〜7.6 (第2京阪木津川橋〜岩田樋門付近)
堤外の道 ゴミの投棄多い。車の進入制限対策が必要。

左岸 4.0(川口用水樋門付近)
放棄車両 ナンバープレートのないカローラ一台

右岸 木津川河川敷公園
1月28日 久御山ふれあい交流館ゆうホール主催、身近な野鳥観察の下見を行う。

点線

2月

調査日 2006.2.13  am9:30〜pm1:30 コースは1月と同じ
今回はウィークデーを選んでみた。各所でウグイスの初音やヒバリ・イカル・チドリ等のさえずりが聴かれた。 又出現鳥種も多かった。

1)

  • 左岸 4.8
    堤外河川敷モトクロスサーキット化が進行してきた。
  • 左岸 5.4〜4.6
    植物が枯れてゴミが目立つ。モニター区で一番ゴミ投棄が多い所であり対 策が必要。
  • 左岸 4.0
    釣人がたき火
  • 左岸 3、8
    放置車両2台に駐車禁止の警告書がようやく張られた。

2)

  • 右岸 4.2〜2.2
    小鳥類多い。
    左岸 4.2〜2.2
    猟区であるが狩猟終了日が近ずいてきたせいか盛んに発砲が続いた。対岸にも近く、この近辺は冬期の立ち入りは危険である。
    早く鳥獣保護区に指定を望む。人もそこに住む生き物たちも安心して生息できる木津川であって欲しい。

点線

2月
  • 6.0左岸 (上津屋橋付近)
  • 本流が左岸親水予定区に迫り、水量も増え、流れも速く、深みが多い。低水敷、水面共、川遊びは不可。危険と感ずる。完成絵図が掲示されているが、現況は大差あり

  • 4.2(川口用水樋門付近)5.(第2京阪木津川橋付近)
  • 寄り州にランクル2台走り廻っている

  • 2.8〜3.2(川口運動広場付近)
  • スポーツ占有グランドの移動トイレについて。
    2.8に一台のみ設置されているが3〜3、2のグランドを使用する人はすべて近くの草むらで用を足している。
    占有管理者に最低でも2基の移動トイレ設置を望む。

  • 5.6第二京阪右岸側
  • 橋下にホームレス定住。
    周辺に収集・放棄の物品散乱。

  • 6.0〜6.3右岸(佐山樋門付近)
  • 堤防、高水敷などにバーベキュー後のゴミ、花火のカス等のゴミ散乱。
    周辺の住民が収集、処理→車が簡単に入れるので侵入規制強化の要望あり。
    現況はゴミ捨て場化している。

  • 6.0(上津屋橋付近左岸本流)
  • 〜若者5名水泳。かなり危険な水域。
    小さな中州にゴミ散乱

  • (C)トイレの件早急に手配されたい。
  • 本日も同様である。

  • 久御山町ゆうホール主催
  • 木津川観察教室、川の流れの働きや岩石、生き物の観察(植田 植物野鳥担当)但し流れ橋付近、水流の関係で危険のため6.0よりやや上流河川敷に変更する。

点線

2月

今月は鳥類の移動期でもあり、野鳥生息状況を特に注意して調査を行った。
AM7:00〜11:30コースは3月と同じ

1)

  • 左岸4.8 堤外
  • モトクロスサーキット化が更に進んでいる。

  • 左岸4.4 木津川大橋橋脚下横
  • ホームレスのテントが設営された。

  • 右岸2.6 堤外 ラジコン飛行場これ以上の拡大整備を制限されたい。

2)

▼猟犬の運動か遊びか?

  • モニター実施区間のみでなく左岸堤外では決まったハンターが移動を行いながら猟犬を放っている。
    春から秋の期間は早朝より行われているので、堤防道路より堤外に入る事は危険であり、当道路をフリーパスで犬を運んでいるので、いつどこで放犬されるか不明のため、ロードサイクル、散歩等のグループの迷惑になっている。
  • 渡来及び渡り途中の夏鳥や渡去前の冬鳥を含め種、個体数とも数多くの野鳥生息が確認できた。
    出現総数40種
    左岸5.2水際、右岸2.2〜3.0 3.4〜3.8が多い。

点線

2月

5月15日AM7:30〜11:00コースは4月と同じ

1)

  • 左岸4.8
  • モトクロスサーキット化が一段と進む。

  • 左岸4.8
  • モトクロス用障害木材

  • 左岸3.2〜2.1
  • グランド本流側へ球がころがらない様に設置された木版等のフェンス、ボード中洲4.2〜4.8
    農耕地の小屋など雨季の出水で流失の心配がある。

2)

            
  • 久御山町ゆうホール交流館
  • 本年度野外活動計画に右岸3.7〜3.4付近で自然観察会を最低2回行ってもらう事となった。
    木津川出張所のご支援を要望された。

  • 渡り途中のカッコウ、ホトトギスの姿、声とも確認する。

点線

6月 6月24日 AM7:00〜11:00
コースは5月と同じ
両堤防とも草刈り、ゴミ除去が行われて美しくなってきた
  • 左岸2.6k(八幡東小学校付近)
  • 標識が倒されている。
  • 左岸2.4k(八幡排水機場より少し上流)
  • 家庭用ゴミが多少目立つ。
  • 左岸3.0k (川口運動広場)中心の球場グランド
  • 移動トイレは下流に1基のみ備えられているが、上流側グランドの利用者はほとんど、これを利用せずグランド横で用を すませている。
    (下流トイレまで遠いので行かないとのこと)グランド占有管理者にトイレ新設の指導を行ってほしい。
  • 左岸4.8k(上奈良用水樋管より少し下流)
  • グランド返還地中心で、久御山町ゆうホール主催 夏期木津川観察教室を決定(7月17日 雨天7月30日に延期) 同ホール科学教室、野外版では秋期、冬期、春期同地区での、観察会を取り入れる予定。木津川出張所のバックアップを要望します。


menu   menu  
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)