平成17年度河川愛護モニターレポート

河川地図
7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月 6月

レポート
7月

こんにちは。
梅雨もようやく終わり、暑さが厳しくなって参りました。
早朝のジョギングでは、花火の後のゴミやお菓子、ペットボトルの空などがたくさん見受けられます。又、豊里大橋、橋脚の所に集められているゴミですが、毎週月曜収集のはずが(18日は休日の為か)全然来られている様にありません。私が見た所、11・18日はゴミの回収はなかったのでしょうか?
カラスや風で散乱するばかりです。
 ところで赤川鉄橋左岸から上流にかけての砂利道はとても危険です。利用する方が多いのですが、自転車は中央路に1台しか通れず、歩いている人達も止まらなくてはなりません。健脚な私達でさえつまずいたり、ひっくり返りそうになったり・・・大変です。
ここは危険でいっぱいです。大事故につながる前に一度ご検討して頂けますようお願い致します。

点線

8月

こんにちは
今朝も気づいた所があります。 豊里大橋横の駐車場に放置車両3台有ります。何日か前もあったように思いますので、ずっと放置されたままになっていると思います。 最近深夜11時頃でも花火を打ち上げる音がしております。ゴミの散乱もすごいです。 早朝でも若い人達が夜明けと共に帰っていくのを見ると、以前ありました放置車両の放火があっても危険ですので、ぜひ撤去をお願いします。

点線

8月も半ばになり朝、夕涼しくなって参りました。早朝のランニングでは相変わらず、花火の後の散乱が目立ちます。又簡易トイレの汚れ方もひどく、どこも使用できない状況です。  豊里大橋から下流にかけての水際では(あれは一昨年大量に繁殖した水草かな?)緑に染まっております。これは暑さのせいでしょうか?ここも流れてきたゴミが溜まっております。さらに豊里大橋の東側の堤防道路に、スケーターが放置されています。サビてるようなのでかなり以前に不法投棄されたものだと思います。 今回は淀川を使用される方々のマナーの悪さに、とても残念で仕方ありませんでした。これからバーベキューをされる方も増えているので、ゴミは持ち帰って頂けるよう立看板をするか、ゴミ箱を増やして頂けると良いと思います。

点線

9月

こんにちは。
朝夕めっきり涼しくなって参りました。
芝生も刈られきれいに整備され、歩く人たちも増えてきたように思われます。
私も久々に堤防の上をウオーキングしながら赤川鉄橋や豊里大橋から下を覗いてみますとやはり”水草?”が水面や水際に浮かんでいるのがわかります。見る度に増えているみたいですね。
ところで、”淀川”の看板の件ですが、赤川鉄橋東側にたててあるのは傷みが激しく思われます。今後は日本語、英語以外にハングル語、中国語で書かれてはいかがでしょうか?(確か淀川のどこかで書いてあるのを見たような気がするのですが・・・・)又、現在地をよく尋ねられることがありますので、車止めに貼っている以外に看板の下にも書いていただけたら嬉しいですね。

点線

10月

こんにちは。淀川も秋がおとずれて来た気が致します。黄色や緑が今とてもきれいですね。ところで最近数人の方々から野犬の苦情を聞くようになりました。
  守口、八雲の辺りに多くいましたが、やはり犬の事ですから色々な所で現れます。
以前より増えている気がするのですが・・・・
  餌をやっているのを見たことがありますが、人間を恐がる様子もないので、こちらの方が恐い位です。
”追われた”と言ってた方も何人かいますので私から伝えてほしいとの事です。よろしくお願いします。

点線

11月

こんにちは。
朝夕の冷え込みもいちだんと厳しくなって参りました。
今一番河川敷を利用される方が多い季節、あちらこちらでスポーツの大会が見受けられます。秋の花コスモスや木々が実を付け始め淀川を走っていても楽しい気持ちで立ち止まっては観察をしております。
  しかし、残念なことに本などで調べても木々の名前がわかりません。
いつも”名前が書いてあると良いのにね”と話しています。無理でしょうか?

点線

12月

こんにちは。
今年も残り少なくなりました。急に寒波がきたので淀川の景色も毎朝変化し、とても美しく絵に描いた様な日もあります。 河川工事も1ヶ月が過ぎ、守衛さんの朝の「おはようございます。気をつけて行ってください。」というお言葉に“ホッ”と胸をなでおろす気が致します。 寒いのにお疲れ様です。 新しく変わる堤防を私達は楽しみにしております。  今年もいろいろとお世話になり、ありがとうございました。

点線

1月

こんにちは。
 新しい年が始まりました。本年もよろしくお願いします。  今年は寒さが厳しいせいか、例年に比べ堤防を歩いたり走ったりしている人達が少ないように思われます。  ワンドの鳥や木々を見ていてもまだまだ春は遠いようですね。 しかしこの厳しい寒さの中、家を失った方達のブルーテントは減る様子もありません。 その方達の飼っている犬は相変わらず野犬のようにうろついたり大声で吠えたり、とても困っています。恐いですね。  又、トイレの件ですが汚れた衣類が捨ててあったりゴミをつめてあったりでとても使える状態でない時がよくあります。  ホームレスの問題はなかなか難しいです。  堤防の工事も進んでいるようで見学台からよく見ていますが春の完成が今から楽しみです。

点線

2月

こんにちは。
最近豊里大橋や赤川鉄橋をよく利用します。赤川鉄橋からの景色は良くなりましたが、豊里大橋の上から見下ろす水際では、空き缶、ペットボトル等のゴミがうんざりする程散乱しております。水の流れと共に、ちょうどこの辺りがカーブしているのか、ゴミはたまる一方です。美観上好ましくないので、どうにかならないものでしょうか。  もうすぐ桜の季節、大川を訪れる人達も増え、淀川迄足をのばして来られる方もいらっしゃると思います。私事も含めてですが、外国の方を毛馬の閘門や、毛馬地区を案内したいのですが、淀川大堰を一定期間、又は日曜日だけとか開放して頂くというのは無理なのでしょうか? 是非ご検討して頂ければと思います。

点線

2月

こんにちは。
先日はお忙しい中、施設内をご案内して頂きありがとうございました。
早速お借りしましたビデオテープを何度も繰り返し拝見させて頂きました。貴重なフイルムもありましたね。
先日職員の方よりお話を聞かせて頂きましたので、水害の恐怖に遭遇したことのない私にとっては、排水場や大堰、水門がテープの映像と共に、どんなに重要なものであるか初めて知りました。
大阪で生まれ育っている私でさえ、知らなかったのが現実で大部分です。又、施設内にとても立派な模型や、パネルが置いてあるのにはとても驚きました。
市民の目に触れることなく、片隅にありますのは、とてももったいない気が致しました。残念です。
こちらをもっと見学できるように、ミニ資料館にでもするのは無理なのでしょうか? 淀川をアピールする事は、生活をしている私たちにはとても重要です。水害だけでなく、飲料水としての大切な水であるということを、わかってもらえるためにはどんどんお話や、スクリーンを通じてでも、何か一つでもわかってもらえる機会を設けてはいかがでしょうか?今回は改めて淀川を見直した気がします

点線

2月

こんにちは。
今年の春は例年に比べ気温が低く、少し肌寒い日が続いておりますが、4月に入り春の風物詩“よもぎ”や土筆を採られている姿をあちらこちらで見受ける事ができました。私もその中の一人です。淀川はまだまだ自然がいっぱい残っていますのでとても嬉しくなります。
4月16日(日)は久々の好天に恵まれ、待っていた人達が多勢、遊びに来られたようです。しかし翌日の月曜日の夕方でしたが、赤川鉄橋近くのテニスコート横のトイレが流れなくなっていました。以前にもありました。
これではトイレが汚れるばかりです。特に休日の前後日にはタンクへの給水をお願いしたいと思うのですが、、、、
堤防の工事と今年は雨が多いせいもあってゴミは気にならなかったと思います。

点線

5月

こんにちは。
梅雨入りも間近となりました。今年は雨が多いせいか芝や草花の成長がとても早い気がします。
今日は、久しぶりにゆっくりと自転車で回ってきました。まず、桜宮高校前やグランド横で咲いている花を摘んでいる方を見かけました。グランド横は雑草が被い茂っているので私にもその件は判断がつかないくらいです。
次はゴミ問題です。
毛馬の水道跡にスーパーの袋分が2つ城北大橋の下に沢山山積みされた物、その他はゴミかごから溢れた物や風で飛んだ物がありました。
ゴミ問題は終わる事はありませんね。
今日はワンドで外来魚の駆除をされている水産試験場の方に少しお話を聞かせて頂きました。パンフレットでブラックバスの件は知っていますが、こちらの作業は気の遠くなる作業でした。無責任な飼い主が簡単に生き物を放す、今日はヌートリアも見ましたが、野犬や大型動物だけでなく小さな魚でも責任放棄する事により生態系を崩す、恐ろしい事だと痛感致しました。
先日お昼のテレビ番組で事務所の岩田さんのインタビューを拝見しました。
ゴルフは早朝、時々、されているのを見ます。


点線

6月

こんにちは
今日で河川モニターも最後となりました。
アッという間の一年間でしたが、モニターを引き受けさせて頂いたことで、違う視点から淀川を見る事が出来、とても勉強になりました。
ありがとうございます。
まだまだ続くゴミ問題マナーの悪いゴルフの練習している人達、川べりに住むホームレスの人達、夏になると早朝、単車で暴走する若者、増え続ける野犬、すぐには解決できないさまざまな問題がある事がわかりました。
その一つとして先日ですが八幡の流れ橋付近の畑の方にお話を伺ってみますと、 100年来国土交通省が黙認しているとの事でした。
なかには茶畑は趣味の範囲を超えあきらかに専門業者の方もみかけました。
寝屋川の仁和寺付近の畑では撤去の張り紙も気にせず別荘の様に小屋に椅子迄置いてある方もおられます。
テレビで放映されたにもかかわらず、どの方も悪びれる様子も撤去する様子もありません。
しかし、洪水になると「せっかく作った作物もあきらめる」と話されたウラにはこれらの資材や家財がゴミとなり河川に流れ込む、私達の飲料水である川の水が汚れるという事を認識されてる方は残念乍ら一人としておられませんでした。 困ったものでした。
解決するには大変な時間を費やす気がいたしました。
ところで最後になりましたが、提案があります。
毛馬をスタートし東に進んでいくと何カ所が方角がわからなくなる場所があります。
堤防上の路面に方位がわかるようにするのは、いかがでしょうか?
これからも、外国の方だけでなく日本の方にも淀川をよく知ってもらう為に、私は案内し続けたいと思います。

一年間、大変お世話になり有難うございました。


menu   menu  
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)