平成17年度河川愛護モニターレポート

河川地図
7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月 6月

レポート
7月

日時、 2005年7月21日 9:40〜11:00am
区域、 桂川、松尾橋(15,8km)〜桂大橋(12,2km)

 梅雨があけ、高気温と好天続きで河川敷は夏草に覆われ、キリギリスが大合唱で迎えてくれる中を自転車で右岸から左岸を巡回した。鴨川には無い自然なカーブを描く美しい風景は市民の憩いの場所としてよく利用されているのですが、誰が捨てるのかいつの間にかゴミが目に付きます。明らかな不法投棄物もありますが、収集したゴミが集められている所が多くあります、こうした折角集められたゴミが何ヶ月も放置されているように感じます、2ヶ月に1回とか定期的な収集システムの実現を望みたいところです。
 桂大橋右岸では消防訓練が行われていた、今日はこの夏の最高気温36℃、あまりの暑さのためか水辺にも人は少なかった。

写真
12.9km左岸桂大橋下(不法投棄) 12.9km 左岸桂大橋橋脚の落書き
写真 写真
12.2km左岸から見る消防訓練 12.2km左岸 サイリング゙道路沿いにもゴミ
写真 写真
13.45km左岸 西大橋下 13.45km左岸 西大橋下(共に不法投棄物)
写真  
13.1km右岸高水敷の不法投棄物  

 


点線

8月

桂川左岸、松尾橋→桂大橋。右岸、桂大橋→松尾橋間8月報告。
8月7日(日)晴れ、10:00〜12:30am。

 物凄く暑いですが、青空に映える桂川の美しい水面と緑に誘われて、今回も歩いて廻りました。 夏真っ盛り、暑さにもめげず仲間とスポーツする人たちや散歩、松尾橋の下でのバーベキューなど 河川敷が多角的に活用され、低水路でも甲羅干しする人たちや、アユなど釣り人ものどかな桂川の風景に溶け込んで静かな時が流れます。上流部には松尾山などの山塊が借景となって美しい風景となっているのでいつも見とれています。利用している人たちも幸せを感じているのではないでしょうか。
先月この辺りで目に付いた大型ゴミなどは、綺麗に撤去されていてほっとしました。 夏休み期間のこともあってか、水の事故防止のため監視テントが松尾橋右岸・西大橋左岸・桂大橋左岸に張られてあり、大人が数人ずつ監視されていました。
右岸13,2kmで爽やかないい香りが漂います、クサギ数株の花が満開でした。クサギの葉は手で揉むと嫌な臭いですが花の香りは全く違うので驚きます。近くに真っ赤な大輪のトロロアオイも咲いていました、夏に良く似合う背の高い花です。
 西大橋右岸13,4kmの住人、テント周りに一段とゴミ山が高くなっています、見苦しい限りです。どうにかなりません?  中洲にはササゴイ、ダイサギ、アオサギ、ゴイサギが心地よい風を受けて休息しています。
 松尾橋左岸下流域、15,2〜15,4kmの低水位敷寄り州に幅2mほどの散策路が作られていて、草刈りなどの管理も行き届いておりイヌの散歩や自然観察、バードウォッチングなどによく利用されています。まもなくボタンヅル、シャクチリソバ、ミゾソバ、サクラタデなど秋の花が次々と咲き続けます、それに比例するように散策する人も増えるようです。

追記:
 8月8日(月)夜、上記本文最後に紹介した松尾橋左岸15.2〜15.4km寄り州の小道について「誰が草刈りをしているのか?」との電話を受けました。翌8/9に桂川出張所に連絡し、8/10に現地に行くことに決定。予定どうり8/10(水)現地を案内する、その結果、付近住民の誰かの好意であることが判明したが特定出来ないので「むやみに草を刈ってはいけません、いろいろな の花が咲きますから‥」といった内容の看板を国土交通省名で立てて頂けることになった。 帰宅後、早速その旨を電話主に伝えました。
 8/23(火)上記散策小道沿いには、ボタンヅルが咲き始めており、他にもガガイモやメハジキ、イヌゴマなども花期を迎えつつありました。 看板はまだ立てられていませんでした。

ひるがお ぼたんづる
ががいも めはじき
 
いぬごま  

 


点線

9月

松尾橋(桂川15.8km)から桂大橋(12.8km)まで
9月25日(日)、10:00〜13:00、曇りのち晴れ

 強風(電線が鳴り、木が揺れる)が吹く一日でした。
 モズの高鳴きが聞かれる秋真っ盛りの今日、松尾橋右岸から下流へ、桂大橋から
左岸を上流へと歩きました。台風17号の余波なのか強い風が吹いて涼し過ぎるぐらいでした。桂川に合流する各支流の水も綺麗でしたし、各所に集積されていたゴミもすべて回収されていて、とても気持ち良く歩けました。
ゴミの収集作業は9月3日に出会っています、ご苦労様でした。
あとは右岸13.5kmのブルーテントと周辺のゴミ山が強烈に目立ちます、悲しいですね。
  右岸13.0km付近低水路耕作地には、農耕用具収納小屋や耕作地を囲む柵が林立しています、これらはひとたび大水に流されると下流にいろんな影響を与えるのではないかと心配です。
  この時期はフヨウやヒガンバナ、コスモスが美しく咲き乱れていますし、きれいな水面には空のブルーを反映し静に流れています、気持ち安らぐ良い景色です。
右岸には、ところどころに美化を促す看板が立てられていて「ボランティア」と書かれています、近頃本当に川の周辺が美しくなりました、「桂川を美しく守る」組織が活動されているように感じます。(どのような方々なんでしょうか?)
  今日は日曜日とあって運動公園は少年野球などで大賑わい、河川敷ではバーベキュウも盛んです。(このような火を使うのは構わないのでしょうか?)


点線

10月

「松尾橋―桂大橋」
2005年10月22日(土)、曇時々小雨、13:30〜15:00

 セイタカアワダチソウが満開の河川敷サイクルロードを快適に自転車で回ってきました。
松尾橋から上野橋にかけての右岸高水敷が除草されたばかりのようで、小さなゴミ屑も無くスッキリとしていました。
またいつもゴミが集積されている所も綺麗に処理されていて心地良い風景です。
但し、右岸13,1kmと13,4kmに、早くも冷蔵庫や自転車が投棄されています。すぐに撤去される事をいい事に、つぎつぎと捨てに来る心無い人たちが居られることに空しさと怒りを感じます。
  左岸では「耕作禁止」の看板が各所に見られました、農機具小屋や無造作に積んである農具が見苦しいですね、耕作期限が18年1月とか、桂川出張所の皆様大変なご苦労をされておられるのでしょう。
  左岸15,0km桂川に注ぐ水路を見て驚きました、一面に濃紺色の流水、染色工場から放流された液体のようで無臭でした。魚が浮いているのは見なかったのですが、影響は無いのでしょうか心配です。
更に、ふと右の建物(郵政省梅津寮跡)脇を見ると事務用椅子、自転車、バケツなどが放置(不法投棄物)、がっかりして心が塞ぎます。
  全体としては、両岸ともに美しく気持ちの良い河川敷です。草や木の緑にセイタカアワダチソウの黄色が程よく映えて思わず見とれてしまいます。
小雨が降る天気というのにそれぞれのグランドでは少年野球の試合が行われていました、平和そのものでした。


点線

11月

実施日時、平成17年11月18日(金)、10:00〜13:40.
天候、晴れのち曇り
コース、松尾橋右岸→桂大橋右岸→桂大橋左岸→松尾橋左岸。

紅葉もようやく本番となり、散策が楽しくなる晩秋の季節になりました。
嵐山の秋景色を楽しんだあと、サイクリング道を下流に向かって歩くとスタート地点に到着。
松尾橋右岸を毎年真っ赤に彩るハゼの大木は、すでに葉を落として枯木の様相です。
堤防の自転車道を歩いていくと、サクラの木の根元にゴミ袋数個、早速嫌な気分です。

写真  
右岸15,5km 桜の木とゴミ袋  

点線

河川敷は低水敷・高水敷とも除草を終えたばかりのようでスッキリしていて美しい。
ホオジロが姿を見せ、ジョウビタキの声が聞こえ、青い空に冬の使者ユリカモメが舞い、
カモたちが川面に浮いている、心が和み、晴れ晴れとした気分になりました。

写真 写真
右岸15,1kmから下流、除草風景 右岸15kmから低水路、除草風景
写真  
右岸15,0kmから上流もきれいに除草  

点線

右岸の西大橋から阪急鉄橋にかけての汀線沿いには、ゴロリゴロリと家電器具やら家具類、 大きなゴミ袋が連続して捨てられている。耕作地からの廃材も捨てられていた。
右岸。西大橋を潜り抜ける自転車道にはゴミを乗せたソファーがあり、同じ橋脚の低水路側には家電製品のデッキが山積みされている、ここに住む方が集めておられるのであろうが、増水したときはどうなるのだろうか?流水の障害になることは明らかだし、心配になる。

写真 写真
右岸、西大橋自転車道のソファー 右岸、西大橋下にはデッキが‥

点線

左岸、上野橋14,1km汀線にはウォーターレタスが浸入していた、下流域では広く増殖していろいろと悪影響を及ぼす外来植物が、いよいよ上流部に進出し始めたようです、今後どんどん増えていくのか注視していこう。

写真  
左岸14,1km汀線のウォーターレタス  

点線

左岸、14,9km桂川に注ぐ支流が汚い、黒灰色の汚水とともに化学薬品の匂いもします。先月同様、染色工場からの排水のような気がします。 カルガモ君大丈夫かな?綺麗な本流へ飛んで行けば?

写真 写真
左岸14,9km支流、汚水にカルガモ 支流汚水は黒灰色で匂いもします

点線

左岸ではこのほか15,5km低水敷運動公園の汀線寄り樹木にマットレスが掛けてあったり、ジュース空き缶入りビニール袋が放置されていたのが目に付きました。

写真 写真
左岸15,5km運動公園にはマットレスが 左岸15,5km運動公園のゴミ袋
写真  
ゴミ袋の中はジュースの空き缶でした  

秋も深まり寒くなってきたためか、運動公園にも人影無く静かです。 松尾橋は車が渋滞していましたが‥総体的には気持ちの良い散策気分でのモニターでした。

点線

12月

実施日時、12月10日(土)晴れ、10:00〜12:30
コース、桂大橋〜松尾橋。

いつも通り右岸を松尾橋から桂大橋へ、桂大橋を渡って左岸を松尾橋にさかのぼりました。
 ここ数日平年を下回る1月下旬なみと言われる気温が続いています。比叡山や愛宕山の山頂付近には5日ほど前の雪がまだ遠望できます。

写真  
15,2km付近から松尾橋、愛宕山を遠望。
河川敷もきれいで風景を引き立てる。
 

点線

右岸、松尾橋から上野橋まではゴミも犬の糞も無く、のどかで気持ちよく散策できる。
右岸、西大橋から阪急鉄橋の間では先月より大型のゴミが増えています、

写真 写真
右岸13,2km付近、上野橋下流、河川敷汀線近く。 野菜クズ、肥料袋、ゴミ袋が散乱、投棄されている。

点線

年末と言うことで新しいものを買い、古いものを川に捨てているのでしょうか?情けなくてなりません。両岸ともに、耕作地近辺の汀線近くに野菜クズがどっさり捨てられています、見苦しい限りです。
 右岸上野橋近くの自転車道でゴミ拾いされている男性に会いました、「ご苦労様です」と挨拶。

写真 写真
右岸13,1km付近、汀線近くにゴミ散乱 左岸12,9kmワンドへの誘導路ゴミ
写真 写真
左岸12,9km自転車道沿いのゴミ 左岸12,7km自転車道そば、ゴミに傘

点線

左岸12,9km阪急鉄橋の橋脚にはフェンスがはられています、
美観は良くないかも知れませんが、人が入り込めないので汚くならず有効だと思うのですが、増水時のことを考えると危険なんでしょうね。

写真  

点線

左岸13,7km堤防法面に新たな物体が‥

写真 写真
左岸13,7km堤防から捨てられた黒いもの 近づいてみると1m四方もある大きな廃棄物、これなに?
写真 写真
左岸14,65km汀線近くにテントのアングルと応接セット 左岸14,7km桜並木道南端にもこんなものが‥

点線

きれいで良い景色もありました、桂川は良い川です、みんなで大切にしたい川です。

写真 写真
青空にはトビが良く似合います。 右岸15,6km堤防には紅葉したモミジが
写真  
桂大橋左岸上流河川敷には見事な柿の木  

点線

1月

実施区間6 (桂大橋〜松尾橋、西京区桂浅原町〜右京区嵐山朝日町)
実施日時、平成18年1月9日(月、祝)。13:15〜16:00.  天候、 晴れ、北よりの微風。
観察コース、松尾橋右岸→(サイクルロード利用)→上野橋→(汀線沿い農道)→桂大橋
桂大橋を左岸へ→(グラウンドを経て汀線沿い農道)→松尾橋、終着。

12月からの大寒波と降雪が年明けまで続き、どうなる事かと心配したが、ようやく昨日から穏やかな日となったので、川を見て回りました。 余談ですが、昨年末12月22日付け京都新聞朝刊に写真が掲載されたコハクチョウ5羽は、12月21日夕刻桂大橋より下流50mに降り立ったものです。残念にも翌早朝に飛び立っていなくなりましたが、桂川にはコハクチョウが良く似合う嬉しい出来事でした。

スタートして500mほど15,2kmあたりで、 ふと遠くの山を見ると 比叡山です、すでに白い雪は消えつつあるようでした。でも、綺麗!

写真  
1右岸15,2kmから左岸下流方向を望む、比叡山が見える  

点線

今日の予報どおり、気温は10℃近くまで上昇しているようです。
青空の下、ゴミも見えないすがすがしい景色を眺めながら少しテンポ を早めて歩くと汗ばむほどでした。
西大橋(13,4km)からはイケマセン、阪急鉄橋(12,8km)までの汀線沿い農道は野菜くずなどのゴミ捨て場!

写真 写真
右岸13,2kmから上流方向、上野橋左岸を見る。下にでかいゴミ でかいゴミはテレビだ! 不届きもの!
写真 写真
右岸13,0kmから対岸上流方向を望む、下にゴミ! ゴミは缶ジュース・ペットボトルを叩き潰した塊です、ゴミの日があるでしょ!

点線

離宮公園は賑わっています、少年野球の試合あり、練習チームあり、凧揚げの親子も10組ほどもあり、 元気な声が飛び交っていました。

写真 写真
珍しく“和凧”、尋ねると「お父さんと2人で作ったよ」。凄い! 綺麗な水面には可愛いカモたちがたむろしています。

点線

桂大橋を左岸に渡り、上流を見かえすと広い水面と、川に掛かる橋が幾重にも重なって見え、その先 には丸い小倉山、小倉山を覆う愛宕山、右に連なる北山連峰、人工物の少ないこの雄大な景色にしばらくうっとり、まさに“癒される風景”です。鴨川には無い、とても落ち着いた趣きがあります。 12,8km水面をヌートリアがのんびりと中洲に向かっていました、のどかです。 今回のモニター中、14,7km付近で耕作者同士と思われる2人が、深刻に話し合う声を耳にしました。 「畑、止めなあかんのやろ」「あんた、どうすんねん?」などと聞こえました。

写真

点線

午後4時が近づくと、気の早いユリカモメが空高く舞い、仲間を集めます、いくつかの大きな群を作りながら大阪湾 に向かうのです。桂川のユリカモメは大阪湾をねぐらにしています。(鴨川のは何故か琵琶湖がねぐらです、)  ハッカチョウは先月中ごろ見つかったようで、9羽が仲良く行動しています、台湾を含む中国の鳥です。 翼に白く美しい斑があり、キーウィ・キーウィ・チュクチュクなどと心地よい声でよく啼くので飼い鳥として人気があり、 この鳥も誰かに飼われていたものと思います。 いつまで居るのか判りませんが、南国的で綺麗な姿と良い声で桂川に色を添えています。

写真 写真
左岸13,7km堤防から捨てられた黒いもの 近づいてみると1m四方もある大きな廃棄物、これなに?

点線

2月

桂川6区間(桂大橋〜松尾橋)

2月19日(日)この時期恒例の桂川清掃探鳥会が行われました。 阪急西京極駅前に8:30am集合、日本野鳥の会京都支部の冬期定例探鳥会です。今回は淀川工事事務所、桂川出張所の方々の協力もあり、ごみ収集に一段と力が入りました。出るわ出るわごみの山、こんなに河川敷を汚して本当に恥ずかしく、情けなくなります。

写真 写真
準備万端、いよいよ清掃開始です。 いろんな所に捨てられたゴミが隠れています。
写真  
大型ゴミも現れてきました。  

点線

いろんなバケツ、トタン、ネコのトイレ砂(凄く重い)、浴槽、自転車、ベビーカー等々。 誰かが捨てたごみなのに「何で私たちが‥」次第に怒りがこみ上げてくるのです。風も無く、とても穏やかな日曜日、散策される人たちから「ご苦労様!」と労いの言葉を掛けていただき、気を取り直せます。

写真 写真
ずいぶん綺麗になってきました。 あちこちからゴミ袋が集まります

点線

清掃した場所は桂川左岸、12,2km付近(桂大橋)から13,1km低水敷で今年から耕作禁止とされている地域の一部でもあるのですが、立て看板の張り紙が剥がされていたり、看板自体が抜かれているのを見ると、なんと身勝手でずうずうしい人たちなのであろうか、肥料袋や野菜ゴミは当然の事、大型ゴミの殆どはこの人たちの廃棄物ではなかろうかと考えるに至り、女だてらに「バカヤロウ!」とさけびたくなるのです。

写真  
本日の成果?です、沢山のゴミ袋と大型ゴミが整然と‥  

点線

2月21日(火)は松尾橋左岸を桂大橋に向け9:30amに出発し、桂大橋を渡って右岸を松尾橋(12:30am)まで回ってきました。 松尾橋から西大橋までの左岸も、最近清掃作業が行われたのか凄く綺麗に掃除されていました。 錆びたバイクや弁当かす、無数に散らばるペットボトルや薄汚れたコンビニ袋などで以前から気になっていた上野橋下流側が見事に美しくよみがえっていたのです。 付近に住まわれる住民の方々が、河川敷に注目されるようになったのでしょう、より気持ちよい散策が出来ることに繋がります。これでゴミを持ち帰る習慣が出来れば良いのですが‥ね。
 2/19清掃して集めたゴミが増えていました。当日無かった一升瓶が数ヶ所に5本、泥の付いた発泡スチロールの箱多数などいろいろ、2/22には、耕作地からプラスチックの古い大小の箱やスコップなどを満載した一輪車を押しておばさんが現れました、見ているとなんと私たちが集積したゴミの上に積み始めたのです、むかむかむか、気分が悪くなりました。
 西大橋下流右岸汀線上はゴミ捨て場となっています、左岸から見ると良くわかります。 まさにおびただしい量の野菜くずや肥料袋、玩具や自転車など捨て放題の様相です。 すこし空しい気もするのですが ゴミ捨て禁止の看板を立てたらどうでしょうか? 人目につかないのを幸いとわざわざ捨てに来るのでしょうね。

写真
西大橋右岸下流域低水護岸は汀線までゴミだらけ。(左岸から望む)

点線

右岸桂大橋上流の桂運動公園ではロープを付けない大型犬2頭を連れて散策する3人連れの女性があった、曇り空ながらも春の気配かヒバリも高く囀る良い日和で、散策する人も多く見られるので、少し気になった。

写真

点線

右岸14,9km付近河川敷に建築中の小屋があったのです、以前耕作地だったところです。 ぜひ一度確認してください。 出来上がってしまうと面倒になりそうです。

写真

14,8km付近も清掃作業をされたようで、付近はとても綺麗で気持ちよく歩けました。 ゴミを包んだ白い袋が並んでいます。 この先15km辺りから上流にかけての柵も新調されていて一段と気分上々でした。

点線

2月

6区間(桂大橋〜松尾橋)
実施日:平成18年3月7日(火)、晴れ、午前9時30分〜12時30分
コース:左岸、松尾橋スタート→桂大橋→右岸、桂大橋→松尾橋ゴール。
今年ばかりは待ちに待った春の陽射しです、昨日は啓蟄だったそうです、青空ですが愛宕山や比叡山がぼやけています、春霞なんでしょうか、それとも黄砂?
いつものように左岸・松尾橋を下流に向かって堤防上を散策を始めます。
近頃は美化意識が浸透してきたようで、よく清掃されていて大変気持ちよく散策できます。
ヤナギの幼木も新芽の若草色に染まって見えます。

点線

3月 3月
左岸・松尾橋から下流側高水敷を眺める。ゴミなし。 左岸・12.6km付近から上流を振り返る。ゴミ、撤去済み。

点線

先月の清掃で山積されていた大量のゴミは撤去されており、付近は見違えるほど美しくなっていました。この美しさはいつまで保てるのか、耕作禁止の看板を背にして春野菜の植え付けにいそしむ人たちを見ていると不安になってくるのです。

3月 3月
桂大橋から左岸高水敷を見下ろすとバイクが! 左岸14.8km、耕作跡に香るウメ

点線

右岸、桂運動公園ではグランドゴルフ大会でしょうか、大勢の市民で賑わっていました。 阪急鉄橋12.8kmより13.8km西大橋の低水護岸はガックリします。
今回は新たにガラス食器や茶碗、急須など生活用品が捨てられていました。
13,7km4号堰にお住まいのブルーシートは嫌ですね、ゴミの量は増えてないようですが、とにかく気持ちが悪い、前方に居た人はこの付近だけ迂回して散策されていました。
15km付近堤防そばの小屋は、ほぼ完成しているようで小屋の下流側を畑地にする目的なのか25平方メートルほどが綺麗に整地されていました。

3月 3月
桂運動公園でグランドゴルフに興じる人たち 4号堰に居を構えるゴミ収集家
3月 3月
右岸13.3km付近に新たな投棄物、食器類。 右岸13.6kmワンドを占有する釣りグループ設営物
3月 3月
右岸15km付近の小屋、開墾?された手前の土地 桂大橋の上から上流の雄大な景色にしばらく見とれる。

点線

今回は右岸の12.8〜13.4kmを除いて、どこも清掃された後のようで気持ちよく散策する事が出来ました。流水の様子では松尾橋あたりでは上流の工事に影響で土壌まじりの茶色であった事と、いつものように右岸14.9km側流水が濃紫色だったことを書いておきます。
また、3/8には左岸12.9kmワンド付近で消防車が駆けつける火災が発生したと聞きました。 この辺りは時々ある事とも聞きます。
タバコのポイ捨て厳禁・火気使用厳禁などの看板設置も検討して貰いたいな、と思っています。

点線

2月

実施区間6
京都市西京区浅原町(桂大橋)〜京都市右京区嵐山朝月町(松尾橋)
実施日時: 平成18年4月14日(金)、午前10時〜正午ごろまで。
散策コース:桂川左岸、松尾橋→桂大橋→右岸、桂大橋→松尾橋。
ここ数日無情の雨が降り続いていましたが、今日は雨の心配はいらないそうです。
ただし明日からはまた雨なのだそうです。
おまけに寒い北風! 一ヶ月まえの気温だとか!  そのかわり、満開の桜がまだ楽しめます!

4月
曇り空が残念ですが、4/14とは思えない嵐山の桜、山も笑っています。

点線

「花冷え」の今日、春の桂川風景を充分に楽しんできました。 連日の雨でいくらか増水していますが綺麗な水の流れがあり、これを取り巻くように若草や若木の緑、ところどころにピンクの桜、堤防を彩る黄色いセイヨウカラシナ、言葉に尽くしがたいほど美しく気持ちの良い風景です。

4月
桂大橋から上流風景 左岸、桂大橋たもとから対岸、桂離宮手前の桜

点線

最近は河川敷が美しくなってきて嬉しい限りです、一部に心無い人たちが絶えないながらも、川を美しくしょうとする地域住民の方々やグループの活動が実を結んできたのでしょう。
(右岸12.8〜13.4km汀線上は絶望的なゴミ捨て場で す‥唯一困った600mです。)

4月
左岸、桂大橋付近の堤防を彩るセイヨウカラシナ
4月 4月
左岸13.4km自転車道脇、低水敷寄り州に落し物あり かわいいアケビの花が咲いていました。
小さい花はヒメウズ
4月 4月
右岸、15.0kmから上流風景「春まっさかり」 可憐なオドリコソウも咲いていました。

点線

春の花に誘われるように人が目に付きます。
ヨモギ摘みのおばさんやグランドゴルフを楽しむ人たち、散策する人、ジョギングする人それぞれ気持ち良さそうです

点線

2月

実施区間6桂川(桂大橋―松尾橋)
いつものように松尾橋左岸より歩き始めました。幸いゴミの投棄も無く、染色工場も休日のようで水の心配無し。

5月
上野橋から上流左岸河川敷14.4kmを振り返る

と、グラウンド2面で少年野球の試合中です。 青空です、暑いほどの日差しですが心地よい風も僅かに吹いています。 監督さんたちも気持ちよいことでしょう。

5月 5月
左岸13,4km西大橋下は綺麗になっていて驚いた。 空き缶や弁当かすなど、ゴミ袋に詰められて集められていた。

桂川を守る人たちが行動を起こされたのでしょう、前回まで空き缶などゴミだらけだった西大橋下(13.4km)寄り州が見違えるほど綺麗によみがえっていました。高水敷にはゴミ袋の山が築かれていました。
初夏を思わせる気候と晴天、山や野原が新緑に覆われて眩しいほどで快適この上ない景色です。
桂川沿いの河川敷は、サイクリング、ジョギング、釣り、野球、サッカー、バーベキュウ、日光浴など、人それぞれに思い思いの楽しみ方で利用されていて、あちこちから歓声が聞こえていました。

点線

5月 5月
放置された畑地にはダイコンやブロッコリーなど野菜の花が咲いている。 サイクロード沿いを彩るツルニチニチソウの青い花
5月 5月
オニグルミも開花。下に垂れ下がる数本の雄花、上に突き出る雌花。 桂大橋から望む、愛宕山を背にしたこの雄大な風景
5月 5月
桂川右岸12.3km河川公園にはバーベキュー村が出現 桂川15.9km松尾橋近く、のどかに浮かぶ和船

桂大橋を右岸に渡ります、河川公園ではテントを張っての家族や友達仲間のバーベキュー、その周りではドッチボールやバドミントンと賑やかです。
一足早く今日は初夏の陽気です、草原から聞こえるホーホケキョ、芦原から聞こえるギョシギョシギョギョシはオオヨシキリの声、モニターを始めた一年前には思いもしなかった格段の美しさに変身した桂川になりました。
嬉しい限りです。
左岸12.8km付近の中州に立つ15mほどのヤナギにカワウの巣が数個あり、コロニーを作りつつあるような様子です、この先、大きなコロニーに育つと嫌われる可能性も高く気がかりです。
左岸、耕作禁止畑地には、その後やめられた畑もあるようですが、相変わらず苗を植えたり、種をまいたりされている所も多くあります、「速やかに撤去を」と書いても従わないのですね、 いっそのこと、罰金刑つきの河川条例を制定するしかないですね、ほんと、困った人たちです。
モニター隣接地、松尾橋の下、上流部河川敷は無数のバーベキューグループがわんさと大集合、鼻を突く焼肉のかったるい匂いが高水路までプンプンしています。 そんな中、淡々とゴミ拾いをしておられる二人の男性に出会いました、信念で続けておられるのだろうと頭の下がる思いでした。

 

点線

6月

実施区間6(桂川、桂大橋〜松尾橋)
実施日時:平成18年6月3日(土)9:00〜11:40am
天 候:晴れ 気温、18→31℃
散策コース:桂川左岸(渡月橋を経て)松尾橋→桂大橋→右岸、桂大橋→松尾橋。

今朝より桂川はアユ釣り解禁日だそうです、大勢の釣り人が川に入って若アユと格闘されています。
土曜日とあって運動公園はすべて子供たちの野球やソフト、サッカーの掛け声が響いて大賑わい。

4月
 

点線

暑さを忘れる柔らかな風が心地よく、のどかで綺麗な風景を今更ながらうっとり見入ってしまいます。
ほんと、綺麗なんです。
アユ解禁を控えて川の中も清掃されたのでしょうか、カワウ除けのテグスも取り除かれていて目障りな異物は極端に少なくなりました。
河川敷も綺麗に清掃されていて、堤防の数箇所に集積されたゴミ袋数個が見られる程度の状況でした。

4月
西大橋のアユ釣り風景、右岸13.3km付近から見る西大橋 ゴミの全く無い4号堰!ヴューティフル、もう少し左のゴミテントはカット

点線

4月
上野橋下流河川敷

上野橋下流河川敷にはミニバイクが4台、周りには子供3人、指導員2人の姿がありました。
ちょっと寂しい気がしましたね。
小さい時からバイクの正しく安全な乗り方、扱い方を教わるのも良い事です。
多くの子供たちが学んでほしいものです。

4月
上流部に現れた「クララ」 根を噛むと眼がクラクラするから

「雑草」と一口にまとめられてしまう気の毒な野草たち、でも夏の力強い日差しを浴びて元気です、たしかに1mを越す高さで河川敷を覆う勢いには驚きます。
そんな中に「クララ」がありました、根を噛むと眼がクラクラするほど苦いのだそうです。
漢方ではこの根を「苦参(くじん)」と呼び、止血や健胃に使われるそうです。
夏の小鳥たちも「ギョシギョシ」とオオヨシキリ、「ヒッヒッチャッチャッ」とセッカの爽やかな声、すっかり夏景色です。

右岸14km付近堤外地に何を建築中?

右岸14km付近堤外地に建築中の木造骨組みが気になります、どう見ても堤防より河川敷側です、 昨年秋ごろから土を盛り始められていて、遂に建築物が建てられ始めたのです。
通行中の人たちも不審に話しておられました。
いったい何が建つのでしょう?

menu   menu  
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)