平成16年度河川愛護モニターレポート

広川モニター
河川地図
7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月

レポート
7月 7月23日金曜日晴れ 木津川左岸2.4k付近
モニターの視点で川を見るのははじめてです。 あまりの暑さであたりまえかも知れませんが堤防付近人、一人も見うけられず、又川の水も少ないように思います。
点線

8月 平成16年8月30日
2.2k〜2.6k(八幡排水機場付近)を歩く。晴れ

8月初旬、台風の為、川面より上堤防域まで水が来てましたが、その後は低水路の中州まで見える状況がずっと続いています。今暑さのため、渇水期でしょうか?
秋、涼しくなれば自転車で見回りたいと思っています。
今のところゴミ等の問題はありませんでした。なお台風(大型)が本土接近とのニュース9月はじめに川を見に行くことになるかと思っています。
点線

9月 朝日新聞9月25日(土)の夕刊に流れ橋の事が写真入りで書いてありました。先月のレポートでは、流れ橋まで行ってなかったので、こんなになっているのかと愕然とし、日曜日、現場まで行ってきました。全長356mと書かれていたので、ずっと写っていた写真のようなのかと思ってましたら、全体の一部分だけが写真のようで、後の大部分はまっずぐのいつもの橋の様子でした。でも、びっくりしたのは、写真の奥の方に写ってる人ですが、進入禁止の看板と柵がしてありましたが、新聞を見た人達なのか、橋の上に20人位の人が行き来してました。実際、新聞のカメラマンもむりして入って行ってでないと新聞にある風景はとれません。 大自然の水の力のすごさをかいま見る思いです。でも、流れ橋、流れなくてホットしました。
 2.2k地点(八幡排水機場付近)から6.0k地点(上津屋橋付近)へ行く堤防のアスファルトの道路上に自動車が走っていたり、3.8k地点(川口運動広場より約600m上流付近)あたりでは6台もの自動車が道いっぱいに駐車していたりです。こんな所で、歩行者にも自転車の人にも大変めいわくな事です。どんな思いなんだろうと考え込んでしまいました。
点線

10月 平成16年10月30日
  • 1年で1番いい季節ですので2.2K(八幡排水機場)〜6.0K(上津屋橋)までの地点間でサイクリングをし、川の堤とかのゴミを見に行きました。
    でも気付くものは余りありませんでした。それは台風で洗われてしまったからかもしれません。
    以前ポンプ場の見学をさせていただきましたが、八幡が守られたのはこのおかげだと感謝致しました。
  • さて別の地点、橋本の方面の堤(私の所とは別)では木々の繁った所で、2,3人の浮浪者がブルーのシートを屋根にして、自転車まで持ち込んで生活されているようです。彼らも行き場がなくここへ来られているのかもしれませんがいづれ寒さのゆえ、御幸橋下あたりに来られるのではないでしょうか。
  • 同封した資料は国土が海面下にあるオランダです。円山川の事も大変でしょう。
    何かの参考になればと思いました。(いつも世界的な視野から気付かされることが多いのですが)
点線

11月 平成16年11月28日 晴れ

裏法面から表法面まで左岸堤防大部分、草が刈られ気持ちよく人々が散歩などされ、又、サイクリングの人々も走っておられました。
昼中ですので皆のんびりと陽光を楽しんでおられる様子でした。
特にゴミ等気にならず歩いてみました。
点線

12月 日時:12月12日(日)快晴
場所:2.2k(八幡排水機場付近)〜6.0k(上津屋橋)

とても気持ちの良い暖かな日、多くの人がマラソン、サイクリングと堤防を行き来され、これが12月の日曜日かと目をうたがうような時間でした。 さして気になるところもなく人々が楽しんでおられる様子でした。
点線

1月 平成17年1月9日(日) 快晴

真冬とは思えない良い天気でした。
ゴミの投棄とかもなく、新春のすがすがしい日でした。
4.8k〜5.0k(上奈良用水付近)地点でハングライダーや思い思いの遊びをされたり、乗馬クラブの方々も多数、砂にまみれながら、かなり多くの人が来られました。
でもゴミを出される様子もなくマナーを守っておられたと思いました。
この様子のきれいさで今年も過ぎていってくれればと思います。
点線

2月 平成17年2月24日 朝 晴れ

変化無し(ゴミなども)
まだまだ寒く、犬の散歩の人が数人おられました。
国土交通省の出版物で北上川を船で上る事が行われて、一般の人々に川に関心を持ってもらわれている・・・。こうした事が、ここの地域でも行われたら嬉しいなと思いました。
点線

3月 平成17年3月21日(月) 曇り
場所:木津川左岸2.6km( 八幡東小学校付近)

朝11時頃
天気が良くないせいか、人気もない日でした。でももうすぐ春休み、多くの人でにぎわうでしょう。あたりを見まわすと草木が新芽を出し春を告げていました。河川の有様に変化はなく、ゴミが捨てられてる様子もなく、普段の堤防に変わりはありませんでした。
点線

4月 平成17年4月24日 晴れ
場所:5.8k〜6.0k 木津川左岸

流れ橋が改修工事のためきれいになり時代劇祭りがとどこおりなく行われ良かったです。
とても多くの人だなあと思っていましたが新聞により7千人もの人が来られていたとはびっくりです。
「おいらん」は独特のおこぼで歩くので大変なのですがどうだったんでしょうか。
堤からちょっとしか見られてませんので・・・・
とりあえず流れ橋手前と対岸が安全に渡れるようになり、よかったです。


「みどりの愛護」の集いの感想

日本中から集まられる公的な集いに出席したのは人生で始めて1.5m先に皇太子さんがおられるなんて信じられませんでした。
皇太子さんもこうした日程を毎日くり返されて本当にご苦労様。雅子様も海外思考の方ですから、こうした窮屈な世界にはなかなかなじめない事、多々ではなかったかと思いました。
去年は佐賀とか言ってられた方があり、たまたま近くであったのだとタイミングの良さに感謝しました。
日本中の都道府県の代表とか国土交通省の方とか他に誰が(公的な人)来られてたのでしょうか。
緑化に努力された団体は名前があがっていたので良く分かったのですが・・・
  • 一人の方は石川県から独身女性朝5時出発で一人来られてました。
     (県代表とか、すぐ帰るとの事)
  • 秋田県かと思われる方は代表者と助手(男性2人)大きなカバンを持って、きっと1泊 泊まりだったのかなーと。
  • 昨年は2泊して、この集まりを楽しんできたとおっしゃる方も有り。
私の周りでは平野山もやぶがなくなり、分譲地、松井山手も美濃山も竹藪が無くなり、これから枚方と京都の境が2000軒も分譲される予定と聞いています。一方が多大なお金を使って国はこうした緑化運動の集いを開かれていますが他方民間でますます自然が崩されていく、どこでバランスがとれるのか・・・不安な思いがします。
点線

5月 平成17年 5月20日(金) 快晴
場所:2.2k(八幡排水機場) から 6.0k(上津屋橋)

平日でもさすがのベストシーズン、八幡市駅で自転車を借りて、多くの方が流れ橋までサイクリング、とてもいい事だと思いました。 なかにはSHIMANO自転車で、嵐山からサイクリングロードを流れ橋までと思って来た というご主人にもお会いしました。皆思い思いにサイクリングに興じてられるんでしょう!

私も八幡にきてはや30年。手前も対岸も堤にこんなにも茶畑があったんだと、始めて知りました。黒いカンレーシャのまだかかっていて、茶摘みの最中の所、又、もうすでにカンレーシャが取り除かれて、お茶のホが30cm位の高さに刈り取られ、来年に向けられている所と様々でした。 友人の家で八幡の上津屋のお茶を出され、とても美味だと感じていたのはこれだったんだと、嬉しくなりました。 手摘みの後の刈り込みのご主人と、少しお話しし分かった事ですが、私の受け持ちの所はきれいなのですが、地点6.0k(上津屋橋)より上向、多大なゴミ投棄があるとの事、心が痛くなるばかりでした。

流れ橋も久しぶりに歩いて渡ってみて、またもやバーナーで橋に焼け跡があり、なぜなのか・・・と思いました。フルスピードのバイクとも交差し、あまりのガタガタで橋がかわいそうな気がしました。それにひきかえ高齢の方は、自転車でも降りて押しながら渡っておられます。今や文化財ともいえる流れ橋、大切にしたいものだと痛感しました。
点線

6月 H17.6.27(月)晴れ
場所 八幡排水機場(2.2k)〜木津川大橋(4.4k)とても暑い日の朝です

八幡排水機場上流(2.4k)で京都の測量会社の人に会う。仕事はとお聞きすると、川の中の大きな木の調査、とてもたくさん生えている。今は渇水なので全く問題ナシですが、大雨になったら、川の中にこんなに大きな木がたくさん生えているので、上流から流れて来るものが多くひっかかったり、何かと面倒な事になるでしょう。常からこうした調査が行われているのだな、と初めて知りました。

実際は川の中の木を切るのか、どうなるのかと関心が有ります。水量は益々少なく、ほんの少し水が流れているだけ、夏はどうなるのだろうと不安です。  

堤はきれいに草が刈り取られ、こうした所も危険の無いよう、常に気を配られているのに関心しました。  

ゴミなどはいつも通り、この地点には(私の受け持ちの地点)にはなく、きれいだなと思います。もう一人測量と別の業者の方が木津川大橋の方から歩いて来られました。とても暑いので、堤防でお会いしたのはこの二人だけでした。ご苦労様。


menu   menu  
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)